交通費ももらえなくなった日雇いバイトの闇

久々になりましたが、最近の知見をまとめておきます。
ここ最近は、グータラしまくりで気が付いたら月後半になっていました。

無職なのに1日があっという間です。
それに、前職の退職関連の書類がなかなか届かず、困りました。

税金だけは取られていくので、そろそろバイトでもしようかなと思いましたので、応募してみた結果を書いておきます。

*スポンサード リンク*



交通費ももらえなくなった日雇いバイトの闇


人生を考えてみて、まだまだ中高年として労働できるかなと思っているので、アルバイト的な感覚で再就職も視野に入れています。

そのために資格試験を頑張ったというのもあるので、年収が上がることを期待しているため、今直ぐに就職してしまうと勿体ないこともあり、無職で毎日ダラダラと時間を過ごしています。

其の結果、ヒマで頭がおかしくなりそうだという話です。
なので、日雇いでもいくかと思い、申し込んでみました。

派遣の日雇いバイトは交通費も出ないところがほとんど



住まいの近所で、募集を見つけたので早速行ってみると、交通費が払ってもらえないという事実に直面しました。

これが日雇いの闇かと思い、他のアルバイトを検討したところ、近所にBook OFFがあるので、早速そちらも応募してみました。

其の結果、、BOOKOFFですら、交通費が払ってもらえないという結果になりました。

厳密には1日100円という小銭でしたが、無いにも等しいとバイト先の専務(オーナーの息子)が言っていました。

最近のアルバイトは近所の募集が多いためか、交通費の支給もできないほど苦しいようです。

時給1000円ってサラリーマンで働いている人からすれば3分の1以下ですよ。

20日頑張って働いて額面16万程度、手取り13万位でしょうか。

マジやばいですね。

自営でぶらぶらしてる方がマシだなと思ったので日雇いもアルバイトもやめました。

時給1000円って言っても安過ぎて働く意味が無い



子供の頃、時給1000円と聞くと結構良い気がしました。
時給1000円のバイトは、引っ越し、コンビニの深夜、ファミレスの深夜、カレー屋などですかね。

そうそう、騙されて、塾の講師も時給1000円でした。

あの塾にはかなりやられてまして、最初、中学生をマンツ―マンでみるというものでしたが、オーナーから高校生も見てほしいと言われて、気が付いたら高3の理系科目全部と英語まで見て時給1000円でした。

受験生を受け持って時給1000円とかありえないですね。

個別指導学院だったかな、確か。

詐欺まがいの薄給でした。
それで、労働に懲りてしまったような気がします。

10年間ずっとぶらぶらしていたので、サラリーマンになれる気すらしませんでしたが、数年前に、アルバイトで時給1200円のルート販売をしたことがありました。

毎日会社に行けるのかと思いながら頑張っていけたのは、このルート販売は、仕事が午前中に終了してしまい、午後からずっと寝ていただけなんですよね。


送業のバイトで稼ぐ

過去記事でも書いてますね。

凄い楽だったのでどうにか続けられましたけど、今のマインドでは無理ですね。
鬼楽な仕事以外、続かなくなってしまった中高年は転落する以外無い、そんな気がします。

週3のバイトもほとんど無いので結局は社員の方がマシになってしまうセミリタイア



アルバイトの扱いのひどさは、年を追うごとにひどくなっているような気がします。

特に、週3でも可とか書いておきながら、そんなアルバイトは存在しなかったり、やりたかったことじゃないバイトに斡旋したり、あの登録制のバイトは闇ですね。

政府が取り締まらないのがオカシイと思います。

数年前に15年ぶりとかにアルバイトに行った時は、「これ以上の地獄(貧乏)」が存在するのかと危機感を覚え、まっとうな人生を歩もうと努力する気持ちにさえなりましたが、ここ最近では、アルバイトの対応が酷過ぎて、正社員で真面目にやっている方が10倍マシなことに気が付いてしまいました。

いろいろな方が書いていますが、「アルバイト<楽な正社員」という関係ですね。

なかなか楽で稼げる正社員というのは無いのですが、資格を取って比較的儲かっている会社に入ってしまえば、あとは歯車となり、どうにかやっていけば結構楽もできます。

自分が就職した会社でも3か月で担当にさせられてしまいましたが、責任をそこまで取らなくとも、自由にやれる環境だったなと思います。

ただ、正社員で働くならば、絶対に、給料が高い会社でないと意味が無いと思うので、給料だけは高いほうがいいです。

自分もセミリタイアしながら、不定期に会社に所属していますが、3か月で1年の生活費を稼ぐように努力しています。

出費も多いのでなかなか無駄使いもありますが、社畜として洗脳されているためか、張り合いも出てきます。

今の時期のように、特にやりたいことが無い、見つからないなんて時期は、正社員で転がされている方が、アルバイトでいるよりもマシかなと感じる日の方が多いですね。

交通費ももらえなくなった日雇いバイトの闇・まとめ



派遣バイトの中には、明日の仕事が夜の20時になっても連絡来ないような会社もあります。

明らかに違法じゃないのかと思うような長時間労働、長時間搾取をしている会社も多いです。

そういう会社がペナルティを食らわないのがオカシイと思うし、チカラをつけて行っているのもなんだかなと思うのとともに、現実はそんなに甘くないってことかと納得している自分もいます。

なかなか良いアルバイトを見つけるのは困難ですが、また面白いバイトやクソバイトを見つけたら、申し込んでみて、その実態等を記事にしたいと思います。

今からアルバイトを考えているセミリタイア―の方は、アルバイトよりも楽な正社員の方をやるか、自営の方が10倍マシですので、アルバイトで生活費を稼ぐというのは、考え直してもいいかもしれません。

ただ、今回書いたのは、「派遣の日雇いバイト」なので、通常の、例えば、ガソリンスタンドや本屋、ビデオ屋、ファミレス等の固定の仕事はもっとマシかと思います。

BOOKOFFは交通費も出ないからオススメできないですけども。

↓押してくれる皆様が幸せになれますようご祈念しております↓多謝。
にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
個人事業主ランキングはこちら


*スポンサード リンク*