セミリタイア達成のための貧乏飯シリーズ インド式袋めん

こんばんわー。
最近、いろいろ構想を練っているのですが、その一つがYouTubeです。

何を題材にしようかなと思いを巡らせているわけですが、考えていても腹が減ってしまうので、久々に「貧乏飯」を作ったので、ご紹介します。

*スポンサード リンク*



セミリタイア達成のための貧乏飯シリーズ インド式袋めん


インド式袋めん レシピ


レシピです。

・ニンニク(一かけら)
・唐辛子(お好み)
・ねぎ(少々)
・トマト(少々)
・ハム(1枚)
・生卵(1個)
・袋麺(1袋)
・塩(適量)
・コショウ(適量)

予算金額を提示します。

ニンニクが100円の10分の1程度:10円



青森のニンニクは若干高め(300円程度)ですが、スーパーでは1個100円程度です。

ねぎ80円の4分の1程度:20円



ネギも納豆でつかったあまりです

・ミニトマト2個200g(200円程度)の4分の1程度:50円



今回使用したのはミニトマトですが、普通のトマトでもOK

ハム200円の15分の1程度:13円



こちらは鎌倉ハムですが、実際は伊藤ハムだったかな。

袋麺360円の5分の1:72円



今回使用したのは、サッポロ一番のみそですが、塩味も秀逸です。

たまご12分の1:18円



私は赤玉という200円で12個入りの生卵を使用しました。

・調味料
塩(既存)
コショウ(既存)
油(少々)

合計:183円

思った以上にかかりました。

インド式袋めん 作り方


鍋に油を少々いれます。

にんにくを入れて、揚げるくらいの勢いであぶらにしみこませます。
とうがらしを使う場合は、ニンニクと同時に入れると辛さが引き立ちます。

ネギ・トマト・ハムをいれます

塩などで味付けたあと、水を少々入れて沸騰させます。
*好みにもよりますが、小さいお茶碗の半分くらいからスタートさせるといいと思います。

沸騰するまでの間に、袋めんをぐだぐだに砕きます。
包丁の裏側でもいいですし、手で袋めんの袋ごと砕いていきます。

スープのように煮立ったら、袋めんからグダグダにくだけた面を投入します。

また煮込みます。

一度お湯を飛ばすまで、おかゆのようになるまで煮込みます。


煮立ったら、卵を入れて、粉末スープをいれて味を調えていきます。
1袋全部入れると味が濃すぎるので、場合によっては粉末スープは入れなくともOKです。
お好みで調整します。


完成です。

インド式袋めん 味・感想



味はサッポロ一番のもんじゃといったところでしょうか。

かなり濃厚な味でチーズをいれてもおいしかったかなと思います。

粉末スープはいれなくともよかったかなと思うくらいでしたが、サッポロ一番とはかけ離れているような見た目ですが、粉末スープの味が濃いので、味は違和感がない気もしました。

おすすめ度は100点満点で70点位でしょうか。

183円というのも、正直、節約メニューながら意外にかかるなというのもありますね。

ただ、作っている本人は、麺をぐずぐずに砕いていたり、作り方が違うので、テンションは上がりますし、気分がいいです。

セミリタイア達成のための貧乏飯シリーズ インド式袋めん・まとめ



*100円レシピの本ってたくさん出てますね。

セミリタイア後、食費削減というのは結構課題ですが、1食183円ですと3食550円、月17019円です。

若干、豪華な気もしますが、普通に生活しているとこのくらいだとバカ安という感じになりますね。

節約生活に入ると、最初は違和感があったり、贅沢が懐かしかったりするのですが、こういうご飯を入れて、徐々に調整していくといいと思います。

まだまだ格安レシピはあるので、Classicなものからこういう意外性のあるメニューまでゆっくり紹介していこうと思いますので、お楽しみに。

↓押してくれる皆様が幸せになれますようご祈念しております↓多謝。
にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
個人事業主ランキングはこちら


*スポンサード リンク*