セミリタイア達成後の後悔について

ブログは書かないと始まらないという気持ちで、また、せっせとしばらくは書いていこうと思います。

書き続けているときはアイディアも浮かんでくるけど、パタリと書かなくなるとなかなか有益なことも書けなくなっていく気がします。

毎日1記事書かれているかたは、ぜひ、一緒に続けていきましょう。


*スポンサード リンク*

セミリタイア達成後の後悔について


何度か書いたかもしれませんが、私はセミリタイア後の後悔はゼロです。
その理由も含めて、書いていこうと思います。

セミリタイア後の後悔はゼロ



私は最初からセミリタイアでした。
完全リタイアも目指していませんでした。

なぜなら、「物販の収入が生活費」を超えたからです。
なので、毎日、キャバクラに行ってました。

海外にも毎月、アジアも行きましたが、欧米にも10回以上行きました。

最初は、それなりに楽しかったのですが、毎日毎日遊んでいると、ねたむ人間に出会ってしまうのです。
そういうクソから余計な一言をもらうようになり、プライドが傷つきます。

結果、お店を出したり、普通にアルバイトしたり、就職したり、他人から見たらめちゃくちゃな人生を送れています。

「あ~、あれやってみたいな~」

と漠然と思ってると、2,3か月後には転職していたり、退社して、自営で始めたりしているのです。

これって、通常ですと、というより、普通の神経ですと、貧乏まっしぐらで、猫もびっくりですよね。

なぜ、こんなことが可能かといえば、セミリタイアしているからなんですよ。

要は、ラットレースから外れているので、自分の人生を好きなように使えるのです。

今月はあと何万稼がないといけないということがないのです。

なので、自由に自分の時間を使うことができるため、後悔することがなかったのです。

セミリタイアは100%純粋に可能性に満ちている



前述したように、やりたいことをやれる環境にいるので、100%可能性に満ちているわけです。

今現在のように、ただ単純に、「サラリーマンの知り合いからバカにされた」というだけで、上場企業へ中途で転職し、国家試験のために勉強することもできるのです。

当然、資格を取ったら、会社は退職します。

働く意味がないのですから。

まぁ、言い訳になってしましますが、この資格は歳をとっても稼げる資格ですので、60歳70歳でも身体がある程度、動けば、50万以上の給与所得を得ることができるので、保険として取得したのです。

フリーランスとか個人事業者とか、乞食と同じ扱いなんですよね、世の中的には。

なので、それだけでプラプラ遊んでいると、「あの人、普通じゃない」とか言われて、困るわけです。

そこで、そういうクソにも対応するために、バカにされないように、資格でも取るかと思い、嫌々会社に就職したり、勉強したりしています。

ちなみに、来年も、もう一つ資格に挑戦します。

冗談ではなく、あり得る話で、次の資格を取れたら年収1200万円とかサラリーマンですら、求人があふれているような資格です。

週休2日、年休130日、残業40時間くらいには激務ですが、アルバイト程度の感覚くらいしか、私にはないので、正直、何か月続くのかわからないけど、さぼり倒しながら、給料をもらいたいなと思っています。

甘い汁、吸いたいです。

サラリーマンで年収1200万といっても、給料ベースだと、手取り60万、70万くらいしか稼げないですよね。

でも、それがまんま貯金できるので、1年頑張ればいいという心理で、甘い汁吸えれば2,3年どうでしょうという算段をしています。

これが生活苦なサラリーマン正社員ですと、常にかつかつで副業の種銭もないし、その業界でスキルを上げるにも勉強もできないし、資格を取れる余裕もないし、地獄ですよね。

それでも、ブログやYouTubeで成功していく人も出てくるのでしょうけど、たいていは頑張れず、こんなはずじゃなかったと他人をねたむ人生ですね。

時間が無いというのは、以前も書きましたが、すべての可能性を否定してしまいます。
まずは、お金の面よりも、時間の面でセミリタイアすることをおすすめします。

セミリタイアから完全リタイアに移行したら、暇と金等で後悔する可能はあるかもしれない



自分は60歳までは完全リタイアしない予定です。
完全リタイアしても、60歳以降90歳までの生活費は年金含め、検証していますが、今のところセイフティゾーンに入っています。

ですが、完全リタイアは前述しましたが、腐ってしまいます。
例えば、3か月、仕事をせずに、毎日遊んでばかりいたら、どうなるかやってみてください。

最初は凄い開放感と疲労感で最高だと思うのですが、それが3か月後には頭がおかしくなるような気がしてくるのです。

なので、趣味やちょっとした仕事をやっているほうが気がまぎれるのです。

そのちょっとした仕事や趣味は昼間から酒飲みながらやってもいいレベルのなので、いい気なものです。

1日1万円稼げれば、最高ですね。

のんびりと遊びのような感覚でやることができるのですから。

とはいえ、今のままで、散財しつくして、完全リタイアした場合、気がふれるというのもありますが、資金もショートする可能性がありますし、誰ともかかわらなくなっていくのが目に見えているので、この面でも気がふれる可能性があります。

一番理想的なのは、ブログやYoutubeで小銭を拾いつつ、他の自営の仕事で生活費を稼ぐようなスタイルが理想かなと思っています。

何というか、売れない駄菓子屋のおばちゃんの人生みたいな、

「売れてないけどつぶれない、そして、誰かしら遊びに来てくれて、気がついたら夕飯の時間で、今日も何もせず1日が終わる」

そんなセミリタイアですね。

多くの人も、金と人間関係で腐るか、やめるか、やめざるを得ないか、という感じではないでしょうか。

セミリタイア達成後の後悔について・まとめ



セミリタイアはいつでもできます。
そして、思っている以上にリスクがありません。

ただ、このリスクがないというのは、結構シビアな問題でもあります。

たとえば、私が20代で失ったのは、上場企業でエリートの仲間入りができなかったということや、上場企業だからこそ任されるような大きなビジネスチャンスに携わる機会を失ったなどです。

大手の社員ですと、海外研修もありますし、ビジネスクラスで出張なんてのも当たり前ですが、早くからフリーランスになってしまうとこのようなビッグビジネスのチャンスを逃すことになります。

たとえ、20代で1億稼げていても、こういう会社での経験というのはまた違うものです。

なので、20代でセミリタイアする場合でも、一度は新卒でエリート会社に入れるなら入ったほうがいいと思います。

そうじゃない、中小でうだつの上がらない会社に行くくらいなら、正直、バイトしながら他の事業を考えたほうが1000倍はましです。

これからの時代は、まじめに働く人と楽しく働いて稼げる人の格差が大きく広がります。

今、まじめに働いているだけの人は、笑顔を絶やさないようにするのが今できる精いっぱいの抵抗ではないでしょうか。

そんなことを考えて、今日は終わります。

↓押してくれる皆様が幸せになれますようご祈念しております↓多謝。
にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
個人事業主ランキングはこちら


*スポンサード リンク*