月1万円稼ぐために読んでおきたい本 35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画 藤原 和博

こんばんわー。
今夜はやや遅めですが、サイトリニューアルをしたのでテスト記事を兼ねてお役に立つであろう本を10冊ほどご紹介致します。


*スポンサード リンク*

月1万円稼ぐために読んでおきたい本 35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画 藤原 和博


このサイトを見ている方はおそらく40代、50代で社畜に疲れてうんざりしている方が多いと思う。
しかしながら、今後増えてくるであろう20代30代の方のためにも、そして過去の自分のためにも、こういう読んで良かった本はどんどん更新していきたいと思う。

今年に入ってかなりの数の本を読んだが、どれもクソばっかりだった。
アンリミテッドで借りられる本の多くはクソなので、仕方がないのかもしれないが、この本はどうしても読みたくてお金を出して買ってみた。

その結果、かなりの収穫があったといえる。
そこで、今日はこの本をおすすめしたいと思います。

100×100×100で一生食える人になる理由



この人の本をどれか読んだことがある人には有名な話だが、同じ話が多い。
なので、どれか1冊だけ読めばいい。
そして、読む価値があると自分は感じた。

例えば、「100×100×100で一生食える人になる理由」という話、これは100人に1人になる何かを3つ見つけて、それを組み合わせると100万人に1人の人材になるから一生食えるスキルになるという話だ。

実際問題、多くの人は同じ会社で同じ作業を繰り返すばかりで、それ以外に目を向けようともしない人が大多数だ。

キャリア形成というのは今は連続性を重視しているが、途上国でさえ、不連続キャリアを重視する国も増えている。

何がいいたいのかといえば、100人に1人の理解度を持つ何かを3つ探すのはセミリタイア希望の人には適しているという話。

過去のセミリタイア組のように一つのことを一生懸命やって、金を節約して3000万になったらセミリタイアしようというのももちろん悪くないと思うが、もっと気楽に人生を謳歌したいなら、もっと早い段階で、この視点を取り入れることで、簡単にセミリタイアが可能だと思う。

例えば、中学生時代に部活にのめり込み県体程度のレベルまで努力する。
高校に入りYouTubeやIT関係、英語でもいいから何か特技を身に着ける。
社会に出たら見た目、不良になる。

実際、こういう人は意外に多い。
世の中的にはクズだが、こういう人でも3つの特異点を持つことができる。

その結果、とんでもないブレイクを引き起こすことができると言える。

まともな神経の人には嘘だろう、ありえないと思ってしまうかもしれないが、例えば、ラッパーのSHOという「ヤクブーツは止めろ」で有名な人は、まさにこれの典型だと思う。

セミリタイアしたいなら考えておきたいこと


「セミリタイアしたら、何もしたくない」
このように考えている人が多いだろう。

社畜の弊害だ。

会社で働くと言うのは自分を殺すことに近いものがあるし、それを普通は自殺ともいう。
だが、社会的にはそれが普通で当たり前の、極々常識的な話なのだ。

だが、やりたくないことを強要される、やりたいことが阻害される、そもそもやりたいことを考えることすらできなくさせてしまうのが会社というもの。

もちろん、お金がもらえるので、会社が完全悪ということではないが、お金とトレードしているものの大きさに気が付かない人も多い。

また、問題なのは、セミリタイア後をどう過ごすのかという点も大きい。
実際に自分は11年前にセミリタイアに到達し、のんびりとやりたいことしかやらなくなったわけだが、セミリタイア後の人生は悲惨だった。

とにかくヒマ。
稼いだお金はキャバクラへ流れた。

30歳という若さもあったから、そういう無駄な時間、無駄なお金、無駄な人生を過ごしてしまったのは否めないが、これからセミリタイアを目指す人は、この本を読んで、どうやって自分は100人に1人の人材になるべきなのか、そしてその3つは何を選択すべきなのか、ということを考えて欲しいと思う。

これを考えることがセミリタイアに向けた近道にもなるし、セミリタイア後の行動指針にもなる。

セミリタイアしたい人がこの本から学ぶべきこと


一番大きいのは、「発想の作り方」だと思う。
どれもほとんど同じことしか書いていないので、1冊読めば十分だが、どうやって自分を選び、どうやって高めるのかということに集約する。

その選び方を本で学ぶのがいいと思った。

前述したが、どの3つが100人に1人の割合かという問題は結構判定も難しいが、社会的に割合というのはネットで検索できるので、目標を持って行動するといいと思う。

もし、これを読んでる人が10代なら、SNSとYOUTUBEに全振りして、リスクヘッジのために英語とプログラムを勉強することをオススメする。

20代、30代なら適当な仕事でお金を稼ぎながら、人生設計をしっかり計画し、それをこなすことをおすすめする。

40代、50代ならセミリタイア可能か、または早期リタイアが可能か判断し、夢物語なようなら、いっそのこと、バイトに身を落とすのもありかもしれない。そして大事なことは、時間とお金の余裕を作ることだ。

お金に余裕というのが難しいという人が多いが、それは何度も書いているように、節約が足りていないからだ。月に10万以上の出費はしないと決めれば意外に簡単に達成できるはずだ。

時間に余裕が無い人は、早寝早起きから始めることをおすすめする。
そして仕事を変えるべきだろう。

先日見つけたゆるいバイトは、13時から22時で登録制、2日前までに休むか出るか決めればOKという堕落するためのような仕事を発見した。

それでも月20万は稼げるのだから税金払っても手取り16万は固いし、6万は貯金できるはずだ。
言うまでもなく、時間は朝7時に起きて散歩しながらひたすら考える時間にあて、12時に家を出て13時から仕事で23時帰宅、24時就寝というサイクルなら、時間にも余裕が生まれるだろう。

そんないいバイトないと思う人もいるので、このサイト
を紹介する。

月1万円稼ぐために読んでおきたい本 35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画 藤原 和博・まとめ


新しい本は、なんと、「45歳」バージョンの本だった。
ほぼほぼ内容は同じなので、何度もいうが1冊読めば十分だが、1冊は読むべきだと感じる。

こういう本を読む時間、余裕、ゆとりもセミリタイアを目指すなら、絶対に取り入れたい習慣だし、必要なことだと感じる。

↓押してくれる皆様が幸せになれますようご祈念しております↓多謝。
にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
個人事業主ランキングはこちら


*スポンサード リンク*