自動下書き書類が完璧な社員ほど口だけで生きていける理由

こんばんわ。9z0です。

いろいろリニューアルしてみましたが、マイナーチェンジなのでわかりにくいかもしれませんね。
新しいWPも毎日書くことで慣れて行きたいと思います。
さて、今日は、仕事ができる社員からするとかなりイライラする話だと思いますが、お付き合いください。


*スポンサード リンク*

書類が完璧な社員ほど口だけで生きていける

仕事ができるサラリーマンってどんなイメージだと思いますか?

バリバリ働く人?それとも黙々と仕事をこなす人?
いいえ、どちらも違います。

答えは書類作成が上手い人です。

なんだそれ。と思う方も多いと思います。
しかしながら、これこそが事実なのです。
そしてバレるまでかなりの時間がかかります。特にほどほど仕事をしている人はまず定年まで仕事ができる社員として重宝されるでしょう。

これは当てつけではないのですが、顔がある程度整っている人でさっぱりしている人も大体仕事できません。
これは経験則なので当てはまらないことも多いですが、数多くの面接をこなしてきて思うのが、イケメンでバリバリ仕事してますみたいな人は大体理解力が無く、人を見る目が無い方が多かったです。

もちろん違う人も多いと思いますが、本当に仕事ができる人はなりふり構わず没頭しているイメージです。
話を戻しますが、仕事ができる風の人は書類作成が鬼上手い人です。実務はできなくとも書類さえ、貞操だけ整っていればOKという考えの人が会社では過剰評価されていると言えます。

長くとも3年で転職すべき理由

仕事は簡単に辞めてしまうと取り返しのつかないことになるケースが多いです。
しかし、中途半端に努めるくらいなら、仕事が嫌で嫌で仕方ないくらいなら、敢えて転職してしまうというのはアリだと思います。

なぜなら、嫌なことを無理してやっていても、成長しないからです。
また、自分は余程その会社と環境が最高でない以外、一つの会社にいるのは最長で3年までだと思っています。

その理由は、人間の成長は3年スパンで決まることが多いからです。
昔の人は言いました、「石の上にも3年」であると。そしてその我慢が人を成長させるのだと。

しかしながら、今は1秒でも惜しいくらい仕事のスピードは勿論、キャリア形成においても、また自分がやりたいことがある場合でも、速度が加速しています。

つまり、昔と今では考え方も環境も違うのです。
ですので、1つの会社から学べることは7割3年で学べると思います。逆にそれ以上かかる場合は、自分の成長速度をもう一度確認する必要があります。

転職を繰り替えすのが不利な人とそうでない人の違い


自分も沢山のバイトや正社員をこなしてきています。
普通にクズ野郎ですが、なぜ多くのアルバイトをしながら、複業をこなし、かつ、正社員で採用されてしまうのかということを端的に言いますと、仕事ができる風だからです。

究極、履歴書と職務経歴書が完璧で面接のやり取りが最低限できているので受かります。
どのくらい受かるかと言えば書類9割通ります。
面接は7割合格します。

仕事、できません。
実務、まったくわかりません。
特技、ありません。

それでも年収500万、600万で受かっていきます。
自分の場合は6か月から1年で退職することが多いですが、それでも次の仕事を探すのはわけないです。

なぜかといえば、書類に整合性があるからです。

本当にこれ以上は無いですし、それは正社員になってからも同じです。
上司はそれ以外見抜けません。
周りの評価は低くとも会社に入ってしまえば、給料は保証されているので、仕事中、ひたすら自分の仕事に没頭します。

空いてる時間があれば、会社の仕事を最低限しますが、それ以上はやりません。
しかしながら、会議書類、お客さんに渡す見積り、議事録、提案書はある程度の時間をかけて精査します。

本当にこれだけが仕事です。
正直、それでいいと思います。

その理由は、会社どんなに頑張っても自分を守ってくれることはありえないし、自分もそれを期待していない。さらに言えば、自分には自分の仕事やビジョンがあるのでそれをズラすわけにはいかないからです。

仕事が辛いと思って転職を考えている人、もう一度自分の仕事を考えてみてください。
その仕事、書類だけでどうにか軽減されませんか?

だったらぜひ、あと3年は辞めずに給料をむさぼり、書類スキルを徹底して上げながら転職の機会を待ちましょう。

ちなみに、年収500万以下という仕事も多いですけど、探せば沢山出てきますし、そんなに大変な仕事は多くないですよ。大変過ぎると頭のいい人は転職したり辞めてしまいますから。

残業20時間以上している人も同じです。
能力が無いとみなされるうえ、自分の貴重な時間を無駄にしていますよ。
早く帰りましょう。人生は短いです。

仕事のできそうな社員こそがセミリタイアへの近道である理由・まとめ

書類だけできる役に立たない人間がセミリタイアの近道である理由は、業務時間内に自分の仕事を内職できるからです。
意外に多くないですか、何しているかわからず、サボっている人。
寝ている時間があるなら、今すぐセミリタイアについて学習し、自分の中のハードルをクリアして早期退職するべきです。

どう考えてもまともな神経で、会社で労働していることに正義や意義を見出せません。社会貢献とかなんとかいう人は全額お金を寄付してから言ってほしいものです。

↓押してくれる皆様が幸せになれますようご祈念しております↓多謝。
にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
個人事業主ランキングはこちら


*スポンサード リンク*

コメントの入力は終了しました。