時間・金銭的な余裕を作るには月10万で半年生活するのがおすすめ

お疲れ様です。
最近また自分の作業を沢山こなしています。
今やっているのはキャッシュフローを新たに産めないかなと思っているので、その新しい収入源の確保です。

これが結構面倒臭くて時間がかかっています。
それとようやく今日から少しランニングを開始することにしました。

こころが強いと健康になりやすいですからね。
しばらくは頑張っていこうと思います。
なかなか続きませんが、できるときにやるスタンスで。

*スポンサード リンク*


余裕を作るには月10万で半年生活するのがおすすめ


月10万生活はかなりの数のセミリタイアーさんたちが定評、実践しています。

実際にこのライフスタイルをマスターして余裕あるセミリタイアや自営にて社畜を卒業した方はたくさんいます。

今日は改めてセミリタイアできるプランを考えながら実践的な内容を考えていこうと思います。

返済があるなら、まず最初に潰しておくべきは返済な理由


余裕が無い人の1番の天敵は、返済です。
借入、ローンは人生を破綻させます。

金持ち父さんも、言ってますが、返済があるなら無理してでも最初にこれを潰しておきましょう。

リボ払いなんて、もってのほかです。

*参考*後で読んでね!
具体的な節約方法

セミリタイアの壁となる月10万生活内訳


返済を精査した後、これからの方針となる月10万生活の内訳を考えていきます。

収入内訳


収入内訳も重要です。
特にキャッシュポイントがたくさんある方は無駄使いしがちなので、必ず精査しましょう。

A→8万
B→20万
C→2万

などのように月のフローを考えるとわかりやすいです。自営の人は大体の金額を書いておきます。

生活費内訳


次は生活費内訳です。

家賃


1番の難所ですが、コストカットも容易なのが、家賃です。
理想は3万以下に抑えましょう。

食費


予算は1.5万円を目標にするといいですが、最初のうちは3万以下を目指しましょう。

光熱費


電気ガス水道で1.5万以下を目指しましょう。

携帯、ネット通信費


1万以下が理想ですが、1.5万くらいまでは許容範囲かもしれません。

雑費 交際費


1万円以下が目標となります。

目指すべきポイント


余裕ある生活を送るには、余裕あるキャッシュフローを構築しないといけません。

できたらいいなではなく、3ヶ月後、6ヶ月後の計画を立てて、楽な人生を目指しましょう。

本気で人生を立て直したいなら、遊ぶよりまずは節約で防御を固めていくことが必要です。

*参考*後で読んでね!
セミリタイアを想定するうえで最低限押さえておきたいこと

生活に余裕を作るためのプロセス


生活に余裕を作るためのプロセスは以下の通りです。

収入、生活費を見直す


現状の把握。

生活費を切り詰める


改善。

少しでもお金があるなら返済してしまおう


貯蓄体質を作る。
返済が終わったら、返済分を貯蓄に回そう

貯蓄を実際に作る。たとえ5000円でも貯蓄に回すようにするのが大事です。
貯蓄している事実は自信になります。

とりあえず100万、次は300万をめざす


貯蓄をしていると少しづつ金額を増やしたくなります。目標はとりあえず100万をめざしましょう。
そのあとは300万円です。
なぜ、300万円かは次回の記事で書きます。

生活費を切り詰めながら、無料または定額で稼げる方法を考えていこう


生活費を切り詰める計画は簡単にできます。
しかしながら、実際にやり抜くのは至難の業です。

そこで意識をそらすために、新しい趣味かつ収入源を確保しに行きましょう。

*参考*後で読んでね!
セミリタイアで無料または定額・少額で楽しめることを考える

余裕を作るには月10万で半年生活するしかない まとめ


月10万円で生活できるようになると、そこから貯金できるようになっていきます。
その理由は、時間に余裕ができると上で書いた「お金のかからない収入方法」を確保することができるようになるからです。

稼げる趣味みたいなもの、好きでやっていることが収入につながっていくというのかな、そういう副次的な効果があります。

これは意外に知られていませんが、セミリタイアした人の多くが貯蓄を大きく減らさずにセミリタイアできていることからもわかります。

ですので、繰り返しになりますが、まずは月10万円で生きていけるような低コスト体質になり、その後、100万円を目指して貯しくしていきましょう。

300万円まで貯蓄できれば貯める必要がなく、自分の人生、自分のやりたいことにフォーカスできます。

次回はそんな内容を書いていきます。

↓押してくれる皆様が幸せになれますようご祈念しております↓多謝。
にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
個人事業主ランキングはこちら


*スポンサード リンク*