ブログや物販等ネットで稼ぐための効率的な仕事術

こんばんわ。
また少し時間が出来たので、海外に遊びに行ってました。
このサイトもなかなか完成しませんが、6月後半戦、頑張っていきたいと思います。

さて、補習は前回で終わりと書きましたが、次いでなのでもう一つ書いておきます。

*スポンサード リンク*


ブログや物販等ネットで稼ぐための効率的な仕事術



成功している人や稼いでいる人の多くが、必ずいう事ですが、それは「マインドセットを正しくとる」という意味不明な事です。

マインドについては様々なものがあります。
そしれ、それこそは、誰に教わるでもなく、自分自身で構築していかなければならないものです。

それには行動しかないのです。
行動して、結果を出して、また行動して、の繰り返し以外に、マインドセットは構築できないと思います。

しかしながら、効率的な仕事方法があるならば、誰もが知りたいですよね。
今日はそんなお話を自分の例を合わせてお話します。

効率を上げるには、作業と仕事に分けることが重要



仕事効率を上げるには、まず、「作業」と「仕事」にわけるkとが重要です。
よく言われていることですが、仕事だと思ってやっているタスクの多くは、作業だったりします。
簡単に、分類方法を記載します。

作業とは?


何も考えずにできる動作を指します。
例えば、毎日同じ事をしているような工場のラインでやるもののようなイメージです。
領収書を集めて、紙に貼って、数字をエクセル等に書きこむとか、物販等では特に長考する必要のない、写真を撮って簡単な記事を書くだとか、毎日毎日やっていて、熟練度が上がりすぎていることもこれに入ります。

ブログも毎日書いていて、2000文字程度何も考えずに思ったことを論理的にすぐに書けるという方も多いので、そういうのももはや作業に入ると思います。

軽作業・ライトワークと言ってもいいかもしれませんね。

仕事とは?


頭をフル回転させて、考えて考えて考え抜いたことをやることです。
人によって違う面もありますが、例えば、上の例で言えば、工場の適切な人員配置やトラブル解消やLineの組み方などがあります。
また、領収書を経理簿に仕訳するなども、どうやったら会社に利益なのか考えながらやるものですね。

ブログでも雑記ブログよりも、専門性の高いサイトを構築する場合や、アフィリエイト等の特化型記事を書く場合などはこちらに当てはまることが多いでしょう。

重作業・ヘビーワークと言ってもいいかもしれませんね。

自分の作業を大変や好み、時間等によって、優先順位をつけ、作業と仕事に分類する


1つの動作をやるのに、それに対する時間や労力を数値化、レベル化することで、作業量を疑似的に図ります。

例えば、
雑記ブログの記事:1
ECサイトの写真を撮る:1
趣味:1
Webライターの仕事:2
ジムに行く:2
まとめサイトの記事:3
専門サイトのアフィリ記事:3

このように日々の動作を分類します。

これによって、1日の作業量をコントロールすると非常に効果的に仕事を回すことができます。
1日5まで頑張ろうとか、昨日は7やったから、今日は3に落とそうなど、いろいろ考えると面白いですよ。

効率を上げるには、パブロフの犬のように習慣化させることが重要



定時に仕事をすることは、日本人にとって苦痛であるのと同時に、安心でもあります。
セミリタイアをする人の多くは、ここから解放されたい方が多いわけですが、セミリタイアに向けた仕事や、セミリタイア後に自分でする仕事の効率を上げるためには、定時に仕事をすることを習慣化しないと効率は上がりません。

例えば私の1日の作業を例にしてみます。

クズ男の作業する1日


自分は朝方の時と夜型の時があるので、シフト制だと割り切って2パターンのシフトで作業をしています。

Aパターン:朝方シフト


6:00 起床
7:00 朝食・風呂・移動
8:00 仕事開始A
12:00 昼食
14:00 仕事開始B
18:00 夕食
20:00 仕事開始C
24:00 就寝

朝型シフトでの仕事時間は、各4時間ずつを3回です。
仕事を軽めにする場合は、2回で辞めるようにしています。

この場合、A/Bは軽めの作業を行うことが多いです。
どういうわけか、始動に時間がかかるので、調子が出るまでに時間が結構かかります。
なので、自分は仕事をすればするほど、やる気が出てくるタイプなので、Cにヘビーワークを持ってくることが多いです。

Bパターン:夜型シフト


12:00 起床・朝食・風呂・移動
14:00 仕事開始A
18:00 夕食
20:00 仕事開始B
04:00 バッファタイム
06:00 就寝

夜型シフトでの作業時間は、AとBです。
この場合、誰にも邪魔されないので、ずっと夢中になって仕事をしています。

前述したように、仕事をすればするほどのめり込んでいくので、Bの作業時間が長いのも特徴です。

人間の集中力は30分というけれど、単純作業が強いのは東大生という結果がある


良く集中力が続かないなどと言って、細かく作業時間をカットしている方もいますが、恐らく、集中力が低いせいではないでしょうか。

受験の時に、そんなことでは結果もあまり出なかったのはないかと邪推してしまいますが、これは人それぞかもしれません。ただ、受験勉強では1教科2時間というのは普通なので、2時間程度集中できなければ、普通の学校に受からないわけです。

同時に仕事も、良い仕事にはありつけないというのは、日本の学歴社会が物語っています。

自分も学生時代は集中力が一瞬で消えていたと思います。
しかし、「東大生は単純処理が得意」という記事を読んでから、東大生に負けないように、同じことを飽きずにずっとできるようにトレーニングしました。

その結果、いろいろなことに成果が出やすくなりました。
この苦手克服は、自分への挑戦だと思ってトレーニングするといいと思います。

東大生だって、ただの人間です。
東大生にできて、自分にできないことは少ないはずです。

実際問題、集中力が低い人は、思考力も低く、低学歴な傾向があります。
それを補える何か特技や、そういう自分の扱い方等でカバーする方法もありますので、長時間集中できない方は、自分にあった作業方法を考えるといいと思います。

効率を上げるには、目標の割り込みと作業日誌をつけることが重要



仕事を仕訳し、日々のスケジューリングが決まって来たら、次に行うのは、目標設定と、その割り込み、作業後に行う作業日誌による進捗です。

目標設定について


やりたいことを期日を決めてばばーんと書いてしまいましょう。

例として、1年後に月間10万PVを上げるとか、1年後に3万円稼ぐとかそういう具体的な数字の入った目標がいいと思います。

目標達成するには数字の割り込みが必要


目標が決まったら、次は方法を考えます。
どうやったら、できるのかです。

ここで絶対に、「自分ならできる」というのをお経のように毎日となえましょう。
自己暗示ほど強烈なものはありません。
夢をかなえるには、自分ができると思っていない限り、到達しません。

例として、1年後に月間PV10万達成するには、どうしたらいいか?と考えた場合を書いておきます。

PV10万を達成するには、1日当たり3334PVが必要です。
Pages/Visitの理想は2前後ですので、半分としたら、1667人が毎日読んでくれたら、達成できます。

1677人が毎日読んでくれるようになるには、1667人の熱狂的なファンを持つか、毎日1PV稼げる記事を1667個あれば達成できることがわかります。

1PV毎日獲得するのも大変ですが、コンソール等を使って需要があり、ある程度のクオリティの記事を書けば1日1PV獲得できる記事はかけると思います。

ということは、1年で1667記事をかけたら、達成することがわかります。

さらに、ここで逆算すると、1日当たり5記事書いていけば、1825記事となるので到達できることになります。
いうのは簡単ですが、5記事を毎日は相当大変ですよね。

もっと深く考える必要があります。
質をあげて、1日10PV獲得できる記事を167本書くのか、1日100PVとれる記事を16本書ければいいのか、等です。
別次元の答えとして、もう一つブログを作るという手段もあります。

こういう考えて考えて考え抜くことが、非常に重要な事で、10万PVに到達できる唯一の方法だと思います。

作業日誌を書くといのは、現在地を把握すること


目的地が決まって、方法も決まったら、あとはヤルだけ。

なのですが、そこが人間の弱いところ。
困難なことがあると、すぐにくじけてしまいます。

自分もそうですが、このサイトを更新すると言ってもなかなかできていないのが実情です。
そこで、最近、毎日、何をしたかを書いています。

自分の場合はタスクがいくつかあるので、

A:○ → 作業量について、1記事
B:○ → 9個更新完了
C:✖ → HPのデザイン変更

とこんな感じで記載しています。
それぞれの内容をもっと細かく書いた方がいいと思いますが、とにかく、続けること、そして、今自分がどの段階にいるのかというのを把握することです。

1600記事を書くなら、1/1600とかいうように書いていくと、どの段階かわかりますよね。
やり遂げられたら、自分をほめてやりたくなるのと同時に、自信にもつながります。

効率を上げるには、休みを取る日を必ず作ることが重要



自分は週に1回は必ず外に遊びに行って、フラフラする時間を作っています。
作業を休むこともあります。

これによって焦りが生じたり、もっとブログ書きて~~~という衝動が生まれたり、肩こりや疲労軽減させたり、街でたまたま見かけたことがヒントになるような出来事があったりなどと、沢山のイイ効果があります。

逆にスランプ時は、なぜ、スランプなのか?ということを考えて、しっかりトラブルと向き合うことが重要です。
多くの場合、スランプは苦手な事や人がおこす心理的な問題であることが大半なので、逃げずに立ち向かってやり気ってしまえば、逆に得意になることもよくあります。

ただ、それで精神が病むのであれば、いっそのこと、捨ててしまうのも手です。

自分の彼女が教えてくれた言葉ですが、

「Troubles don’t Think Of Me,If you do hard」

どんなにあなたが問題について考えても、問題は自分の事を考えてはくれないのよ、と言われたのですが、まさにそれで、考えても意味がないことを考えても意味がありません。

そんなことをしているくらいなら、効果のあることを一つでも多くこなしたほうが1000倍効果的です。
おっと、0に何をかけても0なので、+1000くらい先に進むと言いなおしておきます。

ブログや物販等ネットで稼ぐための効率的な仕事術・まとめ



仕事のやり方は人それぞれありますが、自分をコントロールすることは非常に有用なことです。
モンスタ-は自分の中にいます。

そして、それは時には自分の敵にもなりますが、可能性として、自分の見方で存在するのです。

いろいろなことをやりきってしまえば、なんだこんなものと思えますが、そこに到達するにはなかなか難しいことが多いです。

それが、例えば、どんなに低い最初のステップでもいいですし、逆に、今回想像した1日5記事のような鬼なハードモードでもいいわけです。

途中で挫折してもいいと思います。
その時は再考して、リスケすればいいのです。

疲れたら、立ち止まって、考えて、また歩けば、また走れるようになります。
一番ダメなのは、自分に諦めてしまうことです。

今日1000円稼げた!と喜んでも、明日は100円かもしれません。
それで落ち込まずに、また1000円稼ごう、今度は何日続けて1000円稼げるかなと思いながら、やりましょう。

諦めそうなら、唱えましょう。

「俺ならできる!」

と何度も。

「自分ならできる」

そう思ってる人には絶対できます。

どんなカスい文章でも、たわごとでも、SEO対策をちゃんとして、最低限の文章スキルがあって、毎日記事を積み重ねれば、10万PVは時間がかかったとしても達成できるのです。

それが早いか遅いかは個人差ありますし、その時のGoogle先生の評価や運もありますが、届かないことはありません。
1600でダメなら16000を重ねましょう。

そういう数の暴挙で乗り切ってしまえば、悩むことはないのです。
こういう方針をバカにする人も多いですけど、それをやり切った時に、見えるまた違う方法というのがあります。

それをつかむためにも、努力以外無いと思います。
お金を払って、良い先生に教えてもらえるなら、それもいいと思います。

ただ、自分のように自分でしかやれない人は、やっぱり、薄い記事を重ねる以外に、無いのです。
そして、自分は1年かけてやっと3万円稼げるようになりました。

来年この記事をみたら、ばかばかしい思うかもしれません。
でも、それが成長だと思います。

それが、効率化を最適化させた結果だと思います。
これが今回の記事でいいたいことです。

↓押してくれる皆様が幸せになれますようご祈念しております↓多謝。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村