バイトか?自営か?セミリタイア後の仕事を想定する

こんばんわ。
クズ男です。

GW後半戦ですね!
今年は遊びにも行かずアフィリサイト作成をしたり、新しい収入源を考えたりして過ごしています。

来週また海外に行くということもあるので、できることを今やっておきたいところです。
今の努力が来年実ることを期待しています。

さて、今月は、このサイトのメインテーマでもある、セミリタイアに向けてどういう取り組みをしたらいいのかということを書いていこうと思います。

セミリタイアというのは簡単ではありませんが、奥が深く、できないと思う人も多いですが意外に簡単にクリアしてしまえる条件も多いので、想定をしっかりすることが重要です。

今回は想定すべき基本事項をまた考えていこうと思いますので、前回の記事をもう一度読み直してから是非読んでみてください。

「セミリタイアを想定する」
1月5日:セミリタイアを想定するうえで最低限押さえておきたいこと
1月12日:バイトか?自営か?セミリタイア後の仕事を想定する
1月19日:日本の田舎暮し?海外・外こもり?住む場所からセミリタイアを想定する
1月26日:実例!予算に応じてセミリタイアを想定する

バイトか?自営か?セミリタイア後の仕事を想定する


セミリタイア後の職業というのは非常に面白いもので、今までの仕事が嘘のような気持ちになることも多いです。

というのも、バイトであれば大きな責任を負う必要もありませんし、自営なら好きなことをして稼げるので、仕事をしているという自覚がサラリーマンの10分の1程度だからです。

バイトもハズれなければのんびりできますからね。
かなりゆっくりとした人生を送ることができます。

いろいろなバイトをすることで自営の道が開けたり、新しい職業や稼ぎ方を発見することもあります。
嫌なら辞めて家で寝ていればいいだけの話ですし、お金が必要なら違うバイトを探すだけですので、セミリタイアできているというのは人生を謳歌していると言っても過言ではないと思います。

今日はそんなセミリタイア後はどうやってお金を稼ぐのか?ということに対して、大きな視点で概要を書いて憩うと思いますので、一緒に勉強していきましょう。

*参考*後で読んでね!
「 オススメな職種 」一覧

アルバイトでセミリタイアする




いろいろなアルバイトがありますが、即金性の高いものとのんびり長く稼げるものと大別して考えるといいと思います。

交通誘導は大変ですが日給もかなり高いので月に5日働いて10万稼ぎ、残りを好きなことをして過ごしている人も結構います。

10万円あればいろいろなことができるのでオススメです。

自営業を始めてセミリタイアする


自営業のプランもかなり豊富でここでは数え切れないです。

*参考*後で読んでね!
「 オススメな職種 」一覧

自分もいろいろなことで稼いでいますが、金銭的に余裕があるなら、やはり「フランチャイズ」ですね。



全てパッケージになっているので、あまり悩むことなくやっていけば、結果も出てくると思います。
多くの人が企業でつまる理由は、行動力が少ないことと、間違っている方法で努力していることです。

成功者がやっていることを自分の頭で考えて、常識的にこれだと稼げるよな?と判断できればそれは稼げるわけですから、一生懸命やるだけです。

それを言い訳したり、やりたくないからと言ってやらなければ稼げるわけがありません。

最近流行の「20代セブンイレブン起業」もオススメです。

クズ男のオススメは?


自分としては、アルバイトも起業も両方やってみるというのがオススメです。
順番としては、

サラリーマン
   ↓
サラリーマン+起業
   ↓
アルバイト+起業

というのが気楽でオススメです。

起業で注意したいのは、フランチャイズ以外で従業員を雇うという失敗をしないことです。
このサイトでもいろいろ書いていますが、スモールビジネスでやってスモールビジネスで終わらせるような起業が一番オススメです。

会社を大きくするというのは幻想で、会社が大きくなればなるほど大変なことになり、苦しむのは企業したあなたです。

なるべく人を雇わず、自動化を考える必要があります。

セミリタイアの失敗は会社に再就職することではない


セミリタイアの失敗は貯金が無くなって、また就職しないといけない状態ではありません。

生きていればいろいろなことがあります。
そして、それはサラリーマンであろうと自営業の社長であろうと金持ちであろうと大なり小なりあるわけです。

ですので、自分はセミリアイアの失敗は、セミリタイアを諦めてた時だと思っています。

それにはいろいろな経験が必要だったり、考えかたを変えていかないといけなかったりするわけですが、22歳で社会に出て今は70歳まで働く必要があるので、48年間仕事するとなると、本当に息苦しい面も多いわけです。

同時に、ずっと遊んでいるのも苦痛な人も多いでしょうし、ずっと静かに過ごすというのも辛い面もあると思います。

なので、普通の人がセミリタイアをするには自分にあった方法が必要なわけです。
さらに言えば、考え方もいろいろ変わっていくので、随時シフトチェンジする必要もあります。

自分は、多くのサイトやブログを見て日々セミリタイアに関して情報収集していますが、多くの人は一定の生活をしていて、まるで無職のサラリーマンのようなライフスタイルだなと感じます。

それを考えると、サラリーマンの弊害というのは大きいものだと思いますし、何をしたら楽しいのかということや諦めないといけないことも多くなってしまうので、セミリタイアすると決めた後でも、自分のライフスタイルをデザインしていくことが重要です。

わかり易く言えば、無職でいこうと決めてもたまにはアルバイトしてみたり、自営業のマネをして転売ヤーになってみるというのもいいですよという提案です。

バイトか?自営か?セミリタイア後の仕事を想定する・まとめ


好きなように生きるというのは簡単なようで難しいものですが、セミリタイア後の仕事をどう想定するかというのは意外に楽しいものです。

特に日本人は仕事が好きな人も多いので、趣味としての仕事や、稼げる趣味があるといいと思います。
このあたりを想定せず、ただ貯金していくのも大事なことですが、こういう設定をしっかり考えるとより楽しく生きられるのではないでしょうか。

↓押してくれる皆様が幸せになれますようご祈念しております↓多謝。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村

*スポンサード リンク*


「セミリタイアを想定する」
1月5日:セミリタイアを想定するうえで最低限押さえておきたいこと
1月12日:バイトか?自営か?セミリタイア後の仕事を想定する
1月19日:日本の田舎暮し?海外・外こもり?住む場所からセミリタイアを想定する
1月26日:実例!予算に応じてセミリタイアを想定する