ECサイト(物販サイト)の集客方法10個

こんにちわわ。
濡れた犬のような目をして女性を見ることにハマっている9z0です。

今日も晴天ですが一生懸命記事を書いていきます。

「ECサイト(物販サイト)で稼ごう」
12月1日:ECサイト(物販サイト)開業までやるべきこと基本事項まとめ
12月8日:ECサイト(物販サイト)の運営について
12月15日:ECサイト(物販サイト)の集客方法10個
12月22日:リアル店舗とECサイト(物販サイト)の連動経営について
12月29日:長期にわたりECサイト(物販サイト)の運営していくことについて

今月は「ECサイト(物販サイト)で稼ごう」についてお勉強します。
ブログよりアフィリより物がある時点で稼ぎやすいというわけです。

今月も非常に重要な内容でちゃんと実行すれば絶対稼げるようになりますし、正直、ここで書いていくもの以上の教材は無いと自負しています。

30万円のセミナーで学ぶよりも濃ゆいし、ためになると思いますので、隅々までチェックしてください。

*スポンサード リンク*


ECサイト(物販サイト)の集客方法について


これまでアフィリサイト・ブログの集客方法については特集を組んで来ました。
基本的にECサイト(物販サイト)の集客方法も同じです。

ですが、折角の記事ですので、過去自分が実際に行った集客方法について、さらに踏み込んで考察していこうと思います。

忘れていたり、基本を見直す必要がある場合は下記記事を参考にしてください。

SNSとブログだけで集客する方法
9月1日:SNSとブログが集客ツールに最適な理由3つ
9月8日:どのSNSとブログサイトを選ぶべきなのか
9月15日:SNSの効果的な使い方
9月22日:ブログで集客する方法とSEO対策について
9月29日:これからの店舗経営を考える

Blogで記事を書く



まず第1は、前回の記事でも書きましたが、独自ドメインを録っていればSEO対策となり、そこから集客ができるという話を書きました。

これはアフィリサイトでも同様です。

オススメしたい商品・ジャンルに適した記事を書いていけば、そこに興味のある人へGoogleが勝手に届けてくれます。
ただし、前回も書いているように、SEO対策はドメイン事にURLを検索し、査定する仕組みらしく、独自ドメインを取得していない場合、そのドメイン内で熾烈な競争を勝ち抜く必要が出てきますので注意が必要です。

SNSで拡散する


第2は、Instagram,FaceBook,Twitter,Mixi等のSNSでの拡散です。
上は簡単な図ですが、こういう情報をまとめてあるサイトも少ないのでチェックしながらペルソナの設定をしてみましょう。
公開する写真やメッセージ等は数がある程度必要ですが、若い世代には刺さるものを用意する必要があります。

SNSの効果的な使い方でも記載しておりますが、効果のある媒体をつかってそのターゲット、ペルソナに向けての攻略が必要不可欠です。

フライヤー・ちらしの配布



第3は、フライヤー・ちらしの配布です。
フライヤーとは上記のようなチラシであり、はがきサイズのものが主流です。
自分のお店のURLや住所、屋号、何を取り扱っているのか、どんなお店なのか、メッセージ等を記載しておきます。

このフライヤーをメールやSNSで発信することで集客につなげることもできます。
また、現在は少なくなりましたが、駅前やイベント・お祭り等で実際に紙のフライヤーを作って配布するのも効果的です。

フリーマーケットに参加する



*出典:Tokyo Recycle

第4は、フリーマーケットです。
現在では市民権を得て毎週どころかほぼ毎日のようにどこかで開催されています。
上記画像のようなフリーマーケットに参加して、見に来てくれた人にフライヤーを渡したり、URLを教えたり、SNSを交換するのは非常に効果的です。

実際にお客さんに会うと、信用が増すのでオススメです。

花火大会やお祭りに参加する


第5として紹介する、花火大会やお祭りもフリーマーケット並みに毎週末行われています。
とにかく、人が沢山来る場所で、フライヤーをまいたり、実際にかかわった人とSNSを交換することで効果的に宣伝することが可能です。

自分も花火大会でいろいろなものを実際に売っていますが、予想以上に反響があり、サクッと10万を超える結果を出せたこともあるので、バカバカしいと思わず参加してみるといいと思います。

*参考*後で読んでね!
wiki:日本の祭一覧

*スポンサード リンク*


イベント・パーティーに参加する


第6目に紹介するのは、クラブやバー等で行われるイベントやパーティーです。
いろいろなイベントやパーティーがありますが、物によっては、夜遊びする人が集まるクラブやBar等でも販売が可能だったり、フライヤーを撒けたり、SNSを交換する機会がある場合があります。

誰を知っているかよりも、誰に何をしているのかということを知ってもらう方が10倍も20倍も重要なことです。
それを勘違いして、インフルエンサーや有名人に取り入ろうとするのは間違いなので、仲良くしてくれる人を大切にしましょう。

それが本当の接客です。
10000人に拡散してもらえることは非常に重要なことだし、素晴らしい威力だと思いますが、常連を一人捕まえることはもっともっと素敵なことです。

他のお店に協力してもらう


第7は、ちょっとずうずうしいお願いでもあります。
良く行くお店や友人のお店にお願いして、フライヤーをおかせてもらったり、ポスターを張らしてもらえるようにすると新規のお客さんの流入があります。

意外にこれ、バカにできません。
長年やっているとお客さんも変わってきます。
そんな時に打つ手段としても新規顧客を手軽にGetできるのは非常に感謝すべきことです。

口コミで宣伝してもらう



第8は、女性に多い宣伝方法で、かつ、一番難しいランクの集客方法です。
妬み・嫉み・僻みが起き易いので、口コミをお願いできる相手を作るというのは非常に難しいですが、井戸端会議等始めいろいろなコミュニティの顔役の人やSNSであればインフルエンサーとなっている人と個人的になかよくしている状態であればお願いしてみるというのもアリだと思います。

*ただし、十分信頼関係が出来ていない時点でお願いをすると相手にされないどころか、反感を持たれ悪口を流言される可能性も大きいので慎重になるべきです。

折り込みチラシを自作して投かんする



第9は、フライヤーをより細かく情報を載せたチラシをマンションや一軒家に投かんします。
自分は昔リフォームの営業をやっていたことがありますが、1000枚撒いて1軒の割合で仕事をもらえたり、エリア毎に定期的に撒くことで地域の方とも仲良くなれ、口コミで仕事をもらったことが何度もあります。

*投かん禁止なマンションやちらし不要というお宅には投かんしてはいけません。

広告を打つ



ラストとなる第10は、お金を投入して打つ広告です。
いろいろやってみて、これ以上手は無いかもしれないと思うことがよくあります。
そして、多くの人はお金を払って広告を出します。
その結果、つぶれていきます。

広告というのは、まるでドラッグです。
やったら効果が出る時もありますが、やらないと不安になっていくものです。

広告をやって効果があるのは、大手等、既に認知度が非常に高くデザインセンスも良い企業だけです。
中小企業零細店や始めたばかりのお店がやるべき対策ではありません。

どうしてもと思うなら、INSTAGRAMのFBへの広告か、リスティング広告の無料分がもらえるキャンペーンの時にお試しでやってみるとよくわかります。

1万円分の広告では1件の注文も取れずに終わります。
さらに悪いのは、運良く注文を取れた場合でも店の名前すら覚えてもらえないことです。

ECサイト(物販サイト)の集客方法について・まとめ


今回も非常に厚いボリュームでまとめておきました。
この記事はセミリタイアしたい人に向けて書いていますが、通常の企業でも同じ手順で集客ができます。

有料コンサルや有料セミナーでも教えている内容です。
コンサルやセミナーで20万払う気があるなら、自分で時間をかけて20万円分の仕事をしたほうがいいです。

もっと言えば、セミリタイア予定であれば20万円は貯金か投資に回したり、企業を考えているなら設備投資や在庫買付費用にするべきです。

自力でやったことと言うのは、自分の勉強にもなりますし、何かあった場合でも自分で対応できるスキルにもなります。
それを忘れて安易にお金で解決するというのは、お金をどぶに捨てているようなものです。

有料セミナーや有料コンサルは信者だけがやればいいのです。
それ以外の人は自分で考えたことを実行し、仮説と結果を検証しながら少しづつ前に進みましょう。

↓押してくれる皆様が幸せになれますようご祈念しております↓多謝。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村

*スポンサード リンク*


「ECサイト(物販サイト)で稼ごう」
12月1日:ECサイト(物販サイト)開業までやるべきこと基本事項まとめ
12月8日:ECサイト(物販サイト)の運営について
12月15日:ECサイト(物販サイト)の集客方法10個
12月22日:リアル店舗とECサイト(物販サイト)の連動経営について
12月29日:長期にわたりECサイト(物販サイト)の運営していくことについて