ECサイト(物販サイト)の運営について

こんばんわ。
夜の帝王学(複業)を今夜もガンガン書いていきます。

今月は「ECサイト(物販サイト)で稼ごう」についてお勉強します。
ブログよりアフィリより物がある時点で稼ぎやすいというわけです。

今月も非常に重要な内容でちゃんと実行すれば絶対稼げるようになりますし、正直、ここで書いていくもの以上の教材は無いと自負しています。

30万円のセミナーで学ぶよりも濃ゆいし、ためになると思いますので、隅々までチェックしてください。

「ECサイト(物販サイト)で稼ごう」
12月1日:ECサイト(物販サイト)開業までやるべきこと基本事項まとめ
12月8日:ECサイト(物販サイト)の運営について
12月15日:ECサイト(物販サイト)の集客方法10個
12月22日:リアル店舗とECサイト(物販サイト)の連動経営について
12月29日:長期にわたりECサイト(物販サイト)の運営していくことについて

*スポンサード リンク*


ECサイト(物販サイト)の運営について


前回は概要ということで実際に開業するまで何をどうしたらよいのかということを学びました。
今回は実際にECサイト(物販サイト)を運営していくにあたって問題となる点・疑問となる点を中心に勉強していきましょう。

独自ドメインと共用ドメインのメリットデメリット比較




独自ドメインとは?:○○.comなどに代表されるURLです。昔は.comが主流でしたが、今では国内ならco.jpや.jpですよね。.net等も多いです。こういうオリジナルのドメインを独自ドメインと言います。

*参考*併せてチェック!
独自ドメインとは?

共用ドメインとは?:独自ドメインの中で広く使われるもので、△△.○○.comのような形式で使われることが多く、ブログサービスなどをやっている会社では無料のものも多いです。

*ドメイン取得するなら「お名前.com」が一番安いですね。


独自ドメインのメリット


SEO(検索エンジン)対策に対応しやすいという点とカッコイイという信頼性がある点が大きいです。
意外に知られていない話ですが、SEO対策はURL毎にされるということもあり、SEOで集客が見込める場合があります。
例えば、△△.○○.comなどのような共用ドメインでは「Tシャツ」という単語でSEOをかけると検索エンジン上では一つのドメインから一つしか検索エンジンに乗り難いようになっていると言われています。
*実際のSEO対策は明確化されていません。

ですので、共用ドメインを仕様している場合、検索エンジンに乗る前に、ドメイン内で競争が起きています。

それと無料の共用ドメインですと、利用者は不安を覚えると言います。
本気度を測るためにも独自ドメインは有用視されています。

独自ドメインのデメリット


金がかかることです。
独自ドメイン代は様々ですが、お名前.comで取得すると1円からありますが、ブログサービスをやっているところやECサイトを運営しているところで取得すると年間4000円から12000円前後取られるケースがあります。

お客さんが逃げないのがわかっているので高いわけですね。
しかしながら、金で済むならそれでいいケースも多いです。

共用ドメインのメリット


無料というで気軽に始められることです。

共用ドメインのデメリット


前述してきましたが、SEO対策できないので、自分で集客し続けないといけません。
無料で簡単に使えるので信用度も低い点も挙げられます。

写真の撮り方と広告宣伝等について




写真の張り方一つで大きく差がでる


初心者に多いのが、良い写真と悪い写真の区別がつかないところです。
写真の撮り方は奥が深いので、あまり深入りして欲しくないところですが、最低限の撮影スキルは身に着けておきましょう。

撮影スキルを劇的に上げるために気をつけておきたい3つ

⓵光の入り方に気をつける。
→撮影者の影が入っていないか等

⓶商品のどこを見せたいのかを意識する
→全体を撮ることに意識が向いてしまって、結局、どこに商品の長所があるのかわからないことがある。

⓷バラバラなのか、整っているのかを意識する
→商品の方向がバラバラのほうがよく見える場合もあれば、同じ方向規則性があるほうがいいのかを考えるとよく見える写真がとれる場合があります。

ここに挙げたのはほんの一例ですが、インスタ映えという言葉が流行言葉になるほど、商品撮影は重要です。
しかしながら、写真以上に大事なことも多いので、最低限の撮影ができたら他の業務に注力したほうが効率はいいと思います。

商品画像はHP用とインスタ用で分けるべき


HP用画像は実用性重視


HP用の商品画像は、説明あり気で作るべきなので雰囲気や細部がわかる画像を使います。
お客さんがそれを買ったらどうなるのかを意識して取るとお客さんもイメージしやすいので売れやすいです。

インスタ用画像はインパクト重視


インスタでは話題になるというのが重要なので、個数をまとめたり、大きさや色等でインパクトを出すと目につきやすい写真になります。

雑誌等を参考にするといろいろなおしゃれ写真が取れます。
ただ、そういう画像をHPで使用してもお客さんは買うイメージが付かないのでなかなか売れないこともありますので注意が必要です。

広告はするだけ無駄なことがほとんど


自分の経験ですが、アドワーズやリスティング広告はじめ、SNSの広告もいろいろ試してきましたが、ほとんどが顕著な結果を出せずにいました。

それを考えると、無料で使えるツールを活用するほうがオススメであると気が付きました。
SNSとブログを活用しまくって、さらに売り上げを伸ばしたい人やとりあえず知名度を浸透させたい人はそういう有料の広告も考えてもいいと思いますが、まずはある程度の売り上げが出るまではSNSとブログ戦略でやっていきましょう。

*参考*併せてチェック!
SNSとブログだけで集客する方法

SEO対策と商品数について




多くの人が知らない話ですが、実は、商品数とSEO対策には非常に密接な関係があります。
それは、商品数が多ければ多いほど、パワーサイトとして認識されるので、結果としてSEO対策にもなるという話です。

どのくらいを目指すべきなのかといえば、最低3000個です。
多ければ5000個くらいの商品ボリュームがあると結構売れます。

1個の商品を5000個に売るのは、正直、かなりレベルの高い話です。
芸能人のやっている通販番組でも厳しいのが現状です。

初心者はそれよりも、類似品や同じジャンルの商品を沢山用意してすべてを商品記事にしてバラバラに登録するほうがオススメです。

ECサイト(物販サイト)の運営について・まとめ




今回もかなりのボリュームですが、非常に重要なことを書いて来ましたが、ECサイト(物販サイト)をやっていこうと思うなら、独自ドメインが取得できるためSEO対策が万全な【おちゃのこネット】か、無料でやれる【BASE】がオススメです。

今回書いてきた内容を基に、実際に物販サイトを動かしてみるとイメージが付きやすく学習にもなると思います。

【おちゃのこネット】は毎月20日まで無料で登録でき実際の操作性などデモとして体験できますし、気に入ったらそのままお金を払うだけで使用することもできます。

【BASE】はそもそもが無料ですので、売れた時に手数料を払うだけですので、こちらも登録して実際に動かしてみても損はしません。

*参考*後で読んでね!
ネット(せどり・ECサイト)で物販収入を稼ぐ方法

無料でネットショップを始めるならBase一択な理由

これらサイトで今回の学習したことを実際にやってみてください。
明日もまた記事を更新しますので、続けて学習しましょう。

↓押してくれる皆様が幸せになれますようご祈念しております↓多謝。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村

*スポンサード リンク*


「ECサイト(物販サイト)で稼ごう」
12月1日:ECサイト(物販サイト)開業までやるべきこと基本事項まとめ
12月8日:ECサイト(物販サイト)の運営について
12月15日:ECサイト(物販サイト)の集客方法10個
12月22日:リアル店舗とECサイト(物販サイト)の連動経営について
12月29日:長期にわたりECサイト(物販サイト)の運営していくことについて