時間の使い方を有効して見えてくるもの

おはようございます。
9zoです。
今月は、「時間の使い方・タイムマネジメントについて」いろいろ勉強していこうと思いますので、一緒にお勉強しましょう。

「時間の使い方・タイムマネジメントについて」
10月6日:なぜ時間の使い方が重要なのか
10月13日:時間の使い方・タイムマネジメントについて
10月20日:時間の使い方を有効して見えてくるもの
10月27日:人生という枠組みから見るタイムマネジメントについて

時間の使い方を有効にするといろいろなものが見えてきます。
同時に、物の見方を変えることができるようになります。

今まで優先順位をつけているつもりでも、実際に自分としてやらされているようなことであったり、本当にやりたいことが別にあったり、そこを超えるとお金の使い方にも非常に気をつけるようになります。

こういうことを漠然と理解できる面もあれば、よくわからないなと思う点もあると思うので、今日はそのあたりを解消しましょう。

*スポンサード リンク*


時間の使い方を有効して見えてくるもの


冒頭に軽く書きましたが、実は、「お金の使い方」と「時間の使い方」というのは意外なほど似ています。
全然違うもののように感じますが、「お金持ちは、人並み以上に時間に気を使う」ということを理解していると自分も気をつけようと感じると思いますので、しっかりチェックしていきましょう。

お金持ちは、人並み以上に時間に気を使う



この章のタイトルよろしく、「お金持ちは、人並み以上に時間に気を使う」ということは広く知られています。
この話をする前に、こんな質問をしてみましょう。

もし、あなたが5か月間好きなように時間を使えたら、何をしますか?

この質問を考えてみましょう。

例えば、有給でもいいですね。
何をしますか?

・旅行
・読書
・セミナー
・資格の勉強
・体を休める
・バカンス

などなど挙げたらキリがないですよね。

じゃあ、この問いに答える前に、こんな質問をしてみます。

もし、あなたが100万円を好きなように使えたら、何をしますか?

ちょっと似ていますが、今度はお金です。
現金100万円が宝くじで当たりました!

とかいう感じですかね。
特別臨時報酬とかでもいいですけど。

100万円、何に使いますか?

・旅行
・キャバクラ
・バカンス
・資格の勉強代
・読書や服・時計等
・投資

いろいろあると思います。

次の質問で最後なので、聞きます。

100万円って何だと思いますか?


この答えって、人によって様々ですよね。

時給1000円の人なら1000時間の労働分にあたります。
1000時間の労働って1日8時間、2時間毎日残業したとして、1日10時間労働で100日。
約5か月分の給料です。

つまり、最初の質問とほぼほぼ同じなことがわかります。
人によって、100万円だったり、得られる時間が3か月だったり、1か月だったりするわけですが、月給の人ならまあ、大体3か月分くらいでしょうか。

無職で3か月過ごせるなら、あなたは何をしますか?
これは、100万円あったら、あなたは何をしますか?と同じですよ。

どう使うのかって非常に重要だということがわかりますよね。

ここからわかりますが、お金=時間、つまり、Time Is Moneyなわけで、それを理解している人がお金持ちになれるわけです。

わかりきった話なんですが、実際に行動管理できている人は非常に少ないのでわかりやすく説明してみました。

お金持ちは早起きな件



お金持ちって早起きな人が多いんですよね。
なぜかといえば、お金持ちになった人の多くは、真面目に仕事をしてお金を節約した結果だからです。

つまり、無趣味な老人が多いのです。

笑い話みたいなものですが、真面目にコツコツを貯金して朝から晩まで地味に働いた結果、金が残ったというのが普通です。

日本で真面目に働くと生涯賃金約2憶から3億あります。
そこから無駄使いをしないと、1憶は残ります。

資産4000万円以上のマトリックスを見てみるとわかりますが、60歳以上が85%以上いるのです。

*参考*後で読んでね!
あなたの金額は上位何%!?年齢別の貯蓄額と負債額の実態
出典:元外資系コンサルタントの貯金術より

普通に考えると当たり前な話なんですよね。

若いうちにお金を稼ぐには、

・有名になる
・ビジネスで成功する
・相続する
・宝くじで当てる
・競馬で勝つ

このくらいしかありません。
どれも結構厳しいですよね。

ところが年月を重ねていいのであれば、薄く薄く長期間をかけてやればいいので、誰にでもそのチャンスはあります。

例えば、4000万円以上であれば、40年働いたとしたら、運用0%で年100万の積み立てさえ守れば4000万ですよ。
これが年利3%で月8万になると、40年で7355.62万になります。

そりゃ、金持ちになるわけです。

*参考*後でチェックしてみよう!
積立と複利計算
出典:投資信託のガイド

逆に言えば、趣味も無く、地味に一生懸命生きて真面目に貯金さえできれば誰にでもお金持ちになれるチャンスがあるわけです。

これって他の国ではなかなか考えられない凄いことなんですよね。
この複利計算は自分のモチベーションをあげるのにも役に立つので是非ご活用ください。

隙間時間の活用アップで成果倍増戦略が最も人生において有効な件


隙間時間をバカにしている人や、まとまった時間をとらないとなかなかできないと思う人が多いのですが、実は、勉強や仕事のできる人って、隙間時間にできることをやっているという人が多いのです。

東大に入る人の多くは、まとまった時間にやるべきことと、隙間時間にやるべきことを分けているといいます。
これって実は複業にも同じ手法がとれますよね。

優先事項を書き上げ、どのくらいの時間を必要としているのか、作業量を見極めて、まとまった時間にやることと隙間時間にやることを明確にタスクに落とし込むわけです。

これができるようになると、ガンガン仕事が進んでいくので、複業も儲かるようになるわけです。

例えば、ブログなんて一番わかりやすい話ですが、1記事書くのに15分かかる題材と1時間かかる題材、2時間かかる題材とテーマを別にすることで今できることが明確になります

そういうやりかたを自分で発見することが成功への第一歩です。
逆に、こういうことがわからないとずっと、時間が無いという言い訳だけで人生が終わってしまうので、いつまで経っても自由を得ることはできません。

しかしながら、お勤めでも先程書いたように運用しなくとも年100万円を40年積み上げる根性があれば、誰でもお金持ちにはなれます。

これにプラスしていけば、1憶円も簡単に到達する人が多いはずです。

時間の使い方を有効して見えてくるもの・まとめ


如何だったでしょうか。
お金と時間の使い方の共通点には、非常に考えるべき事項が沢山あります。

お金が無いからやりたいことができないというのであれば、お金を使わず時間をかけてどうにかそれがやれないのか考える。

時間が無いならお金を投資してどうにか最短でそれができないか考える。

これって同じことであるケースも多いので、見方を変えると非常に大幅に現状を変えることができるケースがあります。

どちらもないという人は、まず、現状の持ち時間の把握をすることからオススメします。
その後、このサイトでいっているように、時間が有意義に使える仕事に転職するというのがオススメです。

時間が自由になるのであれば、まず時間を投資し、それから資金面の投入を考えた方がいいと思います。
お金を稼ぐというのは簡単なようでかなり難しいケースが多いですし、お金を失うと取り戻すのに時間がかかり過ぎるのです。

FXや株で勉強しますが、100万円の運用3%は3万円ですが、1億円の3%は300万円です。
運用3%はちゃんと勉強していれば、そんなに難しい話ではありません。

いくら儲かったよりも、儲け幅を確認することも非常に重要です。
(たとえば、50000円儲かったという話も大事ですが、5%儲かったという話の方が客観的に自分を理解できるという話です)

このような話は、簡単なようですが、ちゃんと理解していないと目先のお金や時間で騙されて失うものが大きいので気をつける必要があります。

以上です。

↓押してくれる皆様が幸せになれますようご祈念しております↓多謝。
にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
個人事業主ランキングはこちら


*スポンサード リンク*

「時間の使い方・タイムマネジメントについて」
10月6日:なぜ時間の使い方が重要なのか
10月13日:時間の使い方・タイムマネジメントについて
10月20日:時間の使い方を有効して見えてくるもの
10月27日:人生という枠組みから見るタイムマネジメントについて