20代のうちに意識しておきたい自由になるための収入戦略 第1回

どうも。
9zoです。読み方はクズ男。
毎日いろんなことから解放されるために努力中です。
お金の心配は日々少なくなってきており、安定収入も得ることができています。

このブログは稼ぎたい人や自由になりたい人のために情報を公開しています。

*参考*基本的な考え方
クズ野郎がお金から解放される方法

*参考*
20代のうちに意識しておきたい自由になるための収入戦略 第1回

レールから外れた人生をやり直す収入戦略 第2回

社畜を目指さない具体的な収入戦略 第3回

具体的な成功するであろう定量を盛り込んだ収入戦略 第4回

この第1回で

  • ゴールを設定する意識改革を始める
  • ゴールと現時点での差異を明確にする
  • ゴールに到達するのに必要な手段を明確にする
  • ゴールが見えるまでは死に物狂いで頑張る
  • ゴール到達後の目標の再設定について

という内容について全5回で書き上げようという話を書きます。
そこまでに至る流れは下記の通りです。

*スポンサード リンク*


最近は仕事に夢中になるあまり、ブログにさける時間が減ってきてしまいました。
ブログというのは、WebLogなので、自分の行動記録をWeb上にまとめた記事という意味として取れるので、考えたことやこれからの事などを想像したり、過去に考えていたことを思い出すのには最適なものです。

ですので、今後は毎週金曜日の朝6時には確実に1本更新していこうと思います。
可能であれば数も増やしていこうと思いますが、まずは週1回最低ラインをクリアすることを目標にしますので、金曜日からの週末に読んで頂ければ幸いです。

さて、最近、若手の知り合いと飲みに行くことがあり、そこでいろいろな質問を受けました。
多くの人が、自分が時間に縛られず自由に生きているのが怪しいと感じているようでした。

普通に自営業をしているだけなのですが、会社員からすると、好きな時間に好きな事をしているだけでお金が入るのは仕事じゃないと思う人が多いのかもしれませんね。

妬まれていると言われましたが、まぁ、そうなのかもしれません。

そこで、今日はそんな質問からの記事です。

20代のうちに意識しておきたい自由になるための収入戦略


別に掲題の20代というのは30代でも40代でも50代でも60代でも構いません。
年齢はあまりどうでもいいのですが、自由になるためには、ゴールの設定が必要不可欠です。

多くの人は、自由になりたいとは思っているものの、目標設定が曖昧で実際にはどういう状態になりたいのか、または、それが下限値なのかということを知らない人が多すぎるわけです。

もっと言えば、恥ずかしい話なのですが、「自分を知らない」ということに終始するわけです。
なので、今日はまず、この戦略を立てるというところから始めていこうと思います。

自由になるには意識改革から始める必要がある


相談とか質問を受けることが多いわけですが、そういう話をしてくる人の中で多いのが、あわよくばパワー。
つまり、自分もその話を聞いてお金を稼ぎたいという人達です。

自営業や投資家の人達の多くは、当たり前の事を当たり前にこなしているだけの人が多いです。
お金持ちはどちらかといえば、一攫千金を狙ってなったというよりも、やったことに結果が出たという人が圧倒的に多いです。

また、自由な生き方というのは、ここ10年以内の新しい生き方なので、まずは最初に自分の生きて来た洗脳を解除することが重要です。

親や教師、友人との共通認識からの解放


自分は5年以上前に、「自己解放運動」というような意識改革をする1年をやりました。
具体的にはどういうことかといえば、

  • 自分の人生の方向性を確認する
  • やりたいことは何なのか
  • どういう生き方をしたいのか
  • そのために必要なことは何なのか
  • その結果どうなっていくのか

このようなことについて毎日考えたことを記事にしていました。

アメブロだったので今思えば何ともったいないことをしていたのだろうと思います。
しかしながら、そこで自分の殻をやぶる期間、自分を鍛える時間が出来ていたのだろうと今になって思えば納得できる行動だったと思います。

このような行動を取った理由は、とにかく、今の自分ではそこに辿りつけないという結論在り気だったのでしょう。
今までのやり方では通用しないという認識から、じゃあどうしたらいいのかということに至ったのだと思います。

そこで、常識を破るべく、自分のゴールを明確にしました。
その結果、わかったのは、自分の生き方は本やブログを書いている人には存在するが、現実世界には存在しないことが判明しました。

つまり、寝間着でゴロゴロしながらアニメみたりゲームしながらネットやブログで月50万以上稼いでいる人が自分の周りではいなかったわけです。

そういうところをゴールにすると、相談できる相手がいませんから、自分しか見方がいないわけです。
結果として、親や友人知人、親友、そして常識または今まで生きて来た自分の中での正当化される意識から解放される必要がありました。

読書の毎日


自由に生きるために、衝撃的だったのは、今では笑劇的なのですが、「ノマド」という言葉です。
ノマドとは、放牧民のように暮す生き方を指しており、時間や場所にとらわれずに生活することを意味しています。

有名なのは本田直之さんのこれですかね~。

本田さんはデュアルライフということでハワイと日本を行き来している生活を行っているセレブですが、丁度これに当たりまして、バンコクに2週間行っていた時に何度も何度も読んだんですよね。

そこで自分を解放するという思考に至ったわけです。

この時期に活躍していた意識高い系の人の本は大半読みましたよ。

*立花さんの本は面白いので今でもたまに読みます。

*朝仕事に行く前にお風呂の中でこれを読んでのんびり10分位読んでから意識を高めてから仕事に向かってます。笑

*勝間さんの本は読むほどにカチンと来るものが多いのですが、中身自体は結構いいこと書いてあるんですよね。人間性が合わないのかもしれませんが、何気に5冊くらい買いました。

大抵はここら辺を読んで満足してしまう人が多いのかもしれませんが、同時期に、流行った流れとして、「貧乏」というキーワードがありました。

*この本が話題になったあたりですね。

*結構面白いですよ。

*自分のバイブルにもなった聖書。これは最凶です。

こういう系の本をビジネス本と併せて沢山読みました。

歴史書や小節、ノンフィクション系もいいのですが、自分の中にない価値観に触れるということも自分を解放するための訓練だとして、今まで稼ぐ事に重きを置いて20数年来ましたが、これらを読んで、「稼がない」という戦略は新しい選択肢になりました。

同時に、こんなことをしていたのは、ヒマだったので毎晩キャバクラでお金を散財していたし、それが男のたしなみみたいな認識があったからなんですが、そういう悪習をしているといつまで経っても自由になれないと気が付けたからなのかもしれません。

明確なゴールを設定する


充分に意識改革を行い、自分一人でも人生を生きられるという確信というか信念が出来上がったら、明確なゴールの作成に向かいます。

漠然としたゴールのイメージをつくる


ここで重要なことは、「実際にどのようなライフスタイルを実現したいのか」ということです。

前項で例を挙げた本田直之さんは「満員電車に乗らず、自由な服装で仕事をしたい」と書いてありました。

自分の場合は、「好きな事をやりながら、好きな時間に働き、旅行しながらもお金を稼げたらいいな」ということをゴールにしました。

この目標は既にかなえてしまったので新しい目標を再設定する必要があります。
次回の記事でもいいから再考してみます。

このような漠然とした理想から、より明確な理想に近づけます。

明確なゴールの設定


明確なゴールというのは数字であることが望ましいです。
なので、収入を意識するというのが簡単かもしれません。

例えば、世の中の平均年収は430万位だから12で割ると約35万。
このくらい稼げればいいかと考えます。
*自分の場合は大学時代の友人が900万前後もらっていたので月80万を目標にしました。

900万円でも3割くらいは税金等で引かれるので600万前後、月に手取りで50万も稼げば大体対等であるといえます。
*実際は老後のお金や退職金等で大きく差が出てしまうのですが、あまり高い目標を持ってもかなえるのに時間がかかるので税引き後の手取りを基にするのもオススメです。

手段のイメージを明確にする


稼ぐ方法を決定するわけですが、初めて考える場合、候補は沢山あったほうがいいと思います。
これは、ある時期稼げてもその時期を過ぎるととたんに稼げなくなる仕事というのは意外に多いからです。

多くの人が気が付いていない実情ですが、大企業はほぼ例外なく他に子会社や関連会社を持ってます。

会社員の方でも複業OKな時代なのですから、会社に所属するだけではなく別の収入源を確保することも視野に入れておくといいと思います。

自営でやっていこうとするならば、最低10個くらいの候補があるといいと思います。
実際にやるかどうかは別ですが、実務をこなしていくうえで実験したり、資本を再投資したりしてみることは重要なことです。

例を挙げておきますが、

例えば、リフォーム屋で独立するとします。
そこで同時に考えられるのは、

簡単に5つほど挙げましたが、自営業でちょっとうまくいくといろんな話が来ます。
それの中でいろいろな縁やタイミングによっては、複業を選定していくことはリスク回避にもなると思います。

時期を明確にする


やるやる詐欺という言葉のように、「オレ、いつか独立するからさ~」と言っている人は大抵独立しないまま会社に飼われて過労死とまではいかなくても、居酒屋で精々上司の愚痴を言ってるだけです。

確かに頑張ってるのかもしれないけど、それって飼い殺しだよね。
自分の人生生きてますか?と言われると悲しい気持ちになります。

そうならないためにも、重要なのは独立する時期を明確にすることが肝要です。

しかしながら、無理して独立する必要はありません。
大事なのは着手することなのです。

どういうことかといえば、こういうことです。

現在、どちらかにお勤めしている方はそのままお勤めしましょう。
そこでぬくぬくと給料を頂きます。

問題は仕事が終わったあと、なるべく定時上がりしないといけません。
会社の飲み会等に行って愚痴をまき散らしている時間はありません。

風呂に入ってゴロゴロしてアニメを見て酒飲んで寝るとか、休日が寝て終わるということを卒業することが重要なのです。

これは前項でも書きましたが、意識改革です。
自分の解放です。

ここが出来てないと話にならないのです。
なので、最初に書いたわけですが、その結果、方法等も決まったなら、すぐにそれを着手するのです。

出来ないことは無理してやる必要はありません。
出来ることに変更してやればいいのです。

例えば、建築業でのお仕事なら、肉体的な複業は辛いと感じるかもしれませんので、ブログで稼ぐ方法に変更したり、営業で各地を回るのが仕事なら、せどりで稼ぐ方法に変更すればいいだけなのです。

重要なのは、定時にあがれる仕事かどうか、自由に自分の時間配分を変更できるのかどうか、ここにつきます。

この理由が非常に重要なので、このサイトで紹介している仕事の多くは定時上がりになる仕事が多いのです。

空いている時間はすべてその作業に費やす。
そして、最初はゆっくりと確実に初めて、マニュアルができるまでやりこむ。

これを繰り返すだけです。
着手する時期は、今なのです。

それを準備ができてからなどと言ってる人は生涯飼い殺しにあうと思います。

まとめ


ちょっと長くなりすぎてしまいましたので、この話はシリーズ化としてあと4回ほどお話致します。

  • ゴールと現時点での差異を明確にする
  • ゴールに到達するのに必要な手段を明確にする
  • ゴールが見えるまでは死に物狂いで頑張る
  • ゴール到達後の目標の再設定について

このような流れで全5回書き上げたいと思います。

↓押してくれる皆様が幸せになれますようご祈念しております↓多謝。
にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
個人事業主ランキングはこちら


*スポンサード リンク*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
セミリタイアランキングはこちら