メンターに出会う時期が来た

どうも。
9zoです。読み方はクズ男。
毎日いろんなことから解放されるために努力中です。
お金からは大分解放されましたが、また新たな火種が入って来ましたが、余裕でなんとかしたいところです。

このブログは稼ぎたい人や自由になりたい人のために情報を公開しています。
稼ぐというのはいろいろなスタイルがあると思いますが、今日は精神面での心構えといいますか、注意事項と言いますか、そんな話を書いていこうと思いますのでお付き合いくださいという話の第2弾です。

*参考*
クズ野郎がお金から解放される方法

メンターに出会う時期が来た

自分は好きなことをしているだけで普通に生きていけるだけの収入があるのですが、もしこの金額を自分の周りの大学の友人に置き換えると業界が業界なので毎日朝8時から夜12時位まで働かないともらえないと思います。

一流企業で専門職として新卒から働いて40歳までその調子でやってきている友人と自分を比較すると情けないと思う面もあるし、逆に、彼らを見てかわいそうだなと思う面もあります。

その葛藤は面白いので掲題の件から少し離れてしまいますが、書いてみましょうか。

自分と他人を比べても何もならない


自分は2流とか1流とか呼ばれる程度の大学を卒業しています。
家庭の事情で最終面接を断って、自営業の道を選びました。

20代後半、自分の給料は30万前後でしたので、年齢よりもいい給料だったと思います。
そこから自分の仕事を見つけました。

それが複業の開始でした。
いろいろと職を探しながら、独立できる仕事だけを選んである程度になっては独立し、またある程度になっては独立しという生活を3年位づつのスパンで繰り返したり、重ねてやってみたりしました。

この30代前半から中盤は恐ろしく忙しかったです。
毎日16時間位働いてましたので月収も70万から最高160万位まで稼いでいました。

そんな生活を数年続けると自信が出来ていつでも一人でなんとかやっていけるという気持ちが強くなりました。

その結果、多くのものを捨てて仕事は2つまでということにしました。
それも、手間のかからない仕事だけにしました。

毎日30分から長くても3時間程度仕事すれば毎月50万位にはなっていたので減収したとはいえ、膨大な時間を得ることができました。

収入と引き換えに時間を得たわけです。

ヒマなので自分のことを考える時間が増えていきました。
その結果、「自分はせっかく大学に行って学んだことを活かせていない」とか、「立派な会社に入っていない(サラリーマンじゃない)から認められていない」とか、「肩書が無いから、彼らと比べると自分は薄いんだ」とかいろいろ考えるようになりました。

それは今思うと、合コンで品定めをする女の子に似た心境だったのかもしれません。

そもそもラインが違うのに、同じ価値観で物を考えていたことによる弊害だったのかもしれませんね。

こういった悩みの期間は5年以上続きました。
それは今でもたまに思う日もあります。

2017年はお金よりも時間のゆとりが重要


当てにならないと思う方も多いかもしれませんが、与沢翼さんも「今は大量にヒマな時間がある人だけが成功できる」と言っています。

しかしながら、実際問題、何でもできる時間が沢山あればあるほど、やりたいことや勉強、やるべきことにその時間を費やすことができます。

お金がお金を産むというのは事実で、お金が無いとお金が稼げないという仕事や投資もありますが、今の時代には、お金やリスク無しで作業時間(労働)を提供するだけでもお金を稼ぐことができる時代です。

労働時間を提供するという意味では、昔も同様に稼ぐことはできたわけですが、例えば、無料のブログやサイトなどを作ったりしてアフィリエイトなどで稼ぐというのは、お金をつぎ込むよりも自分で作業したらそれだけ稼げるようになっていくわけです。

また、そのための勉強も時間が無いと、実践で覚えるしかなくなり、結果損する傾向やリスクが高いと思うわけです。

昔は、労働を提供する=>お金をもらう=>お金を浪費する=>余ったら貯金するというサイクルがメインでしたが、ちょっと前の時代は、投資全盛期だったので、お金に働いてもらうみたいな価値観が強く、お金を作る=>お金を投資する=>儲かったら再投資のサイクルがメインでした。

ところが、最新バージョンでは、ヒマな時間に勉強したり作業することが既に投資にあたるわけです。

この価値観に気が付いていないと時間の重要さにはなかなか気が付けません。
逆に言ってしまうと、ここに気が付かなかったら、ずっと昭和以前のままの価値観で終了してしまうわけです。

社畜の方もなんとなく時間が無くてヤバいと思っている方も多いと思いますが、そのなんとなくというは実は時間が無いことによる投資できないサイクルに入ってしまっているということを本能的に感じ取っているからなのだと思います。

メンターと出会う時期


ヒマな時間ができ、好きなことに自分の時間を費やせるようになると、仕事もお金も時間も自分の思い通りになります。

ゆとりが出来ていくと、次のステージに上るために、向こうからメンターがやってきます。

自分の場合もそうでした。
その人は特別有名な人ではないのですが、高額納税者に名を連ねている人で自分を気に入ってくれていろんな話を聞かせてくれます。

それはまさに今の自分に足りないこと。

対人関係が面倒臭いからどんどん楽な方に自分の生きやすい方に、そして自由になれる方向に向かってやってきましたが、それに加えて、自分が苦手としていること、嫌なことを楽々乗り越えられるようなマインドセットの組方などを勉強させてくれます。

どうやって財を成したのか?

という話を聞かせてくれますが、多くのお金持ちと同様に、

人の何倍も働いて、ミニマルコストで生活して、余った金を投資、そして再投資した

だけだと教えてくれました。

自分のメンターはその仕事が大好きで仕事の事ばっかり考えているので暇さえあれば仕事をしています。

つまり、時間もお金もその仕事に投資していることになるわけです。
それだけやりこめば、ゲーム同様、達人になるわけで、結果として金が入ってこないハズがないですよね。

自分もそれを見てまだまだ甘いなと思いました。
もっと自分のビジネスを鍛えて鍛えて鍛えて、時間とお金を投資してビジネスを太くするように指示をうけました。

10年経過した自分を想像してみる


仮に、何の成長もなく今のまま10年が経過したら少なくとも3000万は貯金できると思います。
それをビジネスに投資するのか、貯金は安心だと思って残しておくのか、他のことに投資するのか、それを決める時期が今なのかもしれません。

自分の考えでは、そのまま少なくとも3000万現金で所有し、今のビジネスをもっと爆発的に太くし、サイドビジネスをあと2つ、不動産をあと2つ所有するということを目標にしています。

そうすると資産ベースで考えると

・肉体労働=>会社を興す資金を作る(必要資金約1000万前後)
・ネット(広告)(ブログで毎月30万)
・ネット(物販)(物販サイトで毎月100万)
・不動産(4つのうち2つを賃貸収入20万)

このくらいはどうにか達成しておかないといけないことになります。
ハードルが高いかもしれませんね。

しかしながら、戦略をしっかりしていけばどうにかなるはずです。
先月までは、このままダラダラと適当にやっていけばいいやと思っていたのですが、メンターに出会って刺激を受けました。

もう少ししっかりとやってみようと思います。
自分のビジネスを強くし、そこから派生するもので回収し、別の仕事で会社を興そうと思います。

今年はそういういい出会いが意外に多いのかもしれません。
もしくは今までもそうだったのかもしれないのだけれど、気が付かなかっただけなのかもしれませんが、気が付いてしまった以上、努力を重ねていこうと思いました。

ここまで書くと、セミリタイアは辞めたという話になってしまいますが、セミリタイアを経なければ見えないものもあったということかもしれませんね。

とか、買いてみたものの、自分に根性が無く来月にはまたセミリタイアだとぬかしてダラダラやっているかもしれませんが、しばらくは昔の回想記事等を多く更新していこうと思います。

↓押してくれる皆様が幸せになれますようご祈念しております↓多謝。
にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
個人事業主ランキングはこちら


*スポンサード リンク*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする