介護職で稼ぐ – 介護職初任者講習 を取ってみた –

どうも。
9zoです。読み方はクズ男。
毎日いろんなことから解放されるために努力中です。

稼ぎたい人や自由になりたい人のために情報を公開しています。
稼ぐというのはいろいろなスタイルがあると思いますが、基本方針はこちらに記載してありますので、ぜひ、一読下さい。

*参考*
クズ野郎の稼ぐ基本方針はこれだ!

*スポンサード リンク*


なかなか更新がうまくいきませんが何事もひとつづつ片していこうと思います。
亀更新ですが、よろしくお願いします。

さて、本日のオススメJOBはこちらです。

介護のお仕事

はっきり言って他人に興味の無い自分は、介護という仕事が合わないと思っています。
他人(主にバカなヤツ)にかかわるとストレスが貯まるので嫌なのです。

そんな自分がなぜ、介護等というどうにもならないような仕事に興味を持ったのかというと、CUBさんという方のブログを読んでいたからです。

*参考*
【賃金沸騰列島】60歳過ぎでも1日26,000円の賃金が貰える介護業界、どうやらイメージを本格的に変える時が来たようだ。
出典:旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

こちらにも書いてある通り、楽して稼げるテキな話があったからです。
そこで、簡単に調べてみると面白そうな考察が出来たのでご報告致します。

介護は楽して儲かるのか?


前述しましたが、CUBさんのブログではそう書いてあります。
そこで、調べてみると、1900円とか2700円の時給から、夜は一晩37000円レベルの仕事まで結構な高級がありました。

興味を持ったので、どうしたら介護で稼げるのかを調べてみました。

主な資格


介護というのは知識あり気の職業です。
そこで、資格を取ったほうがいいことがわかりましたのでまとめておきます。

[無資格]

[介護職務員初任者研修]+100円

[介護職員実務者研修]+100円

[介護福祉士]+100円

[ケアマネ]+100円

こんなイメージです。

昔は、介護職務員初任者研修をホームヘルパー2級とか言っていた時代がありました。
今は資格扱いになっており、通常10万円ほどかかります。
塾や講習等もあり、短期で1か月、長期で半年ほどかかります。

有名な塾の一例
・ニチイ
・介護ジョブ関連
・生涯学習のユーキャン

便利なまとめサイト
一番安い介護福祉士実務者研修

裏ワザもあって、介護職務員初任者研修の講習代を0円にする方法があります。

介護職務員初任者研修を0円にする方法

ケアプロという介護ジョブが行っている派遣会社があります。
ここで、特待生という形で転職または就職をすると、この講習代が0円になります。

資格を取るのには独学でなるべく取っておきたいところですが、大体が10万円前後かかってしまうので、とにかくお金をかけないで資格を取りたいという人には向いています。

しかし、自分の観点から見るとこれがとんでもない罠であると思いました。

ケアプロの仕組み


なぜ、無料で資格をとらせることができるのかといえば、職業あっせんもやっているからなんですね。
どういうことかといえば、劣悪な環境の会社には誰も応募したくないですよね?
その結果、誰も応募しません。

ケアプロで教わるのは、
・稼げない
・汚い
・自尊心が無くなる(うつになる)

という一般の人が介護職に想像するイメージをまんま植え付けられます。

あれ?最初と違うぞと思うのですが、これは入ってみないとわからないことなのです。

介護職の方に聞いても、結局は、「就職先によって楽に稼げるかどうか大きく違う」といいます。
だから、働いてみないとわからないということなのです。

介護の資格を取りにいくのも、正直、相当辛いです。
良い条件のものは、有料ですから、ケアプロではカスを特待生に回してきます。

そういう会社ですから、当然トラブルも毎日起きています。

ケアプロで起きているトラブル例


・一番最初に説明会に行きませんか?と電話してくる営業と、説明会の担当、就職をあっせんしてくる担当の全てが違う人なので、説明も全て違うので、トラブルがおきます。
・お金を稼ぐために就職するのですが、先程記載したように、先生が稼げないと断言するくらいなので、最初の話とは全然違うというトラブルをよく見る。
・先生が現場上がりなので、講義が終わっている、うまく説明できない。
・利用者上位の関係なので、こちらの自尊心は腐るため、うつになる人が多数だということを教えられる。
・同時に、こちらの尊厳を冒してくる先生が多数いる。
・約束を反故にするのが得意。
・隠ぺい工作をすぐにしてくる。

このようなトラブル事例を1週間のうちに何度も見かけます。

介護職の事実


冒頭に話をした内容と、CUBさんのブログで書いてあることの相違がどうして起きるのかというと、職場に応じてとなるからです。
いい会社にいければ楽で稼げますが、それ以外は地獄というのが本当のところではないでしょうか。

時給が高い訪問看護という仕事は、移動中は時給が発生しないし、交通費込という会社も多いです。
それ以外の大きなところは、時給1000円前後が相場です。
夜勤は、37000円がトップですが、平均すると20000円前後で、16時間勤務となっています。

なので、完全に稼げません。
ブラックもブラックで、業界がオワコンなわけです。

それでも頑張っている介護職って?


実際問題、他で就職できない人がいく最後の職場ではないでしょうか。
元気な人は土方かトラックまたはタクシーの運転手。
いじめられていた人は介護職。
そんなイメージをうけた仕事でした。

介護職はやりがい以外のメリットはないと思いました。

介護職の今後


政府介入で時給が1500円とか2000円に上がれば、比較的良い仕事になるかもしれません。
また、資格職なので早いうちに資格を取っておくと将来の防衛線になるという可能性はあると思います。

自分はいろいろな考察をしていますが、ブログやIT関連の稼ぎ方にも打ち止めがくると思っています。
つまり、PCで楽々稼ぐにはタイムリミットがあると思っています。

その防衛線のために、この資格を取ろうと思いましたが、この仕事は無くなる可能性がかなり低いと思います。
不況になっても、戦争で社会が滅茶苦茶になっても、形式は変わっても仕事は存在すると思います。

また、根気よく探すと見守り看護という仕事があり、病人の隣で寝ているだけで金(3万円程度)をもらえるという仕事もあるようなので、のんびり探すと意外に当たる可能性もあると思っています。

さてそんな介護職の実情ですが・・・

給料面の実事情


夜勤を無茶苦茶入れている人で40万
通常20万前後

*男性は家族を食べさせてあげられないと言われる職業です。

主な業務の1日


時間勤務で3交代制のところが多いようです。
7:00 – 16:00
12:00 – 9:00
16:00 – 10:00

まともな神経の人は選ばない仕事な気がしますが、バイトで独身なら週1回2回夜勤をして10万20万もらえるならオイシイのかもしれません。

介護の講習をうけて、酷い目にあったわけですが、ひとつだけいいところがあったとすれば、人間として優しくなれそうな気がしたというところでしょうか。

↓押してくれる皆様が幸せになれますようご祈念しております↓多謝。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村


*スポンサード リンク*