ペンキ屋をやって稼ぐ

どうも。
9zoです。読み方はクズ男。
毎日いろんなことから解放されるために努力中です。

稼ぎたい人や自由になりたい人のために情報を公開しています。
稼ぐというのはいろいろなスタイルがあると思いますが、基本方針はこちらに記載してありますので、ぜひ、一読下さい。

*参考*
クズ野郎の稼ぐ基本方針はこれだ!

さて、本日のオススメJOBはこちらです。

街のペンキ屋さんをやって稼ぐ

土方作業員で稼げるわけがないと思った方も多いと思いますが、事実はなかなか面白いものです。

1:仕事の時間が短い
2:周辺ジョブが多い
3:独立が簡単である
4:経費が掛からない
5:利益率が高い

では、ひとつずつ見ていきましょう。

1:仕事の時間が短い


雨が降ったりお休みで、暗くなったらお休みです。
最初は8000円、時給1000円前後からスタートしますが、手に職をつけるとバイトでも1日2万から2万5千円をGetできます。
そのため、長時間労働することが少ないので自分の時間を持てるいい仕事です。

2:周辺ジョブが多い


リフォーム全面の技術を習得する機会も多いですし、セットでの仕事で一番多いのは防水ですね。
塗装仕事は今後も少なくなっていくと思いますが、同時にできる職人も少なくなっていくのでよく書いてある10年後に消える仕事には当てはまらないのです。

3:独立が簡単である


仕事自体は非常に簡単で、けれん(さび落とし)後、さび止め、本塗を予算に合うだけ塗る。
鍵は養生です。これが出来れば素人でも色はつくので先輩の指導に従っていけば半年もやれば1人前になれます。

4:経費が掛からない


個人事業主も多い職業ですが、その理由は経費がかからないことが挙げられます。
車1台あればそこに材料道具を入れておけばできます。いつどの仕事も結局問題は営業ですね。

5:利益率が高い


1缶2万円前後であり、30坪の家で2缶前後でできます。
さび止めも入れても10万までかかることはなかなかありません。
それでいて30坪の家では70万前後の料金を取れますので、人件費を抜いても30万から50万の利益を得ることができます。

こんなオイシイ、ペンキ屋さんの実情は・・・

給料面の実事情


1年目時給1000円日給8000円から1万円
10年クラスのベテラン職人で日給2万から2万5千円

主な業務の1日


午前7:00出社 早出の場合は6時等もあります。
午前8:00現場
午後5:00仕事終了帰社
午後6:00帰社整理準備解散

これはゆったりとした時間で書いてますが、地元しかやらない会社では8時5時で終了しますし、雨の日はお休みですからね。かなりゆとりある人間らしい生活だといえます。

まとめ


嫌な事を嫌な人間とやる気のない人生を送るくらいならば、天気いい日だけ働いて、暗くなったらお休みできるこの仕事は魅力が高いといえます。

↓押してくれる皆様が幸せになれますようご祈念しております↓多謝。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村


*スポンサード リンク*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする