ネット(ブログ・サイト)で広告収入を稼ぐ方法

どうも。
9zoです。読み方はクズ男。
毎日いろんなことから解放されるために努力中です。

稼ぎたい人や自由になりたい人のために情報を公開しています。
稼ぐというのはいろいろなスタイルがあると思いますが、基本方針はこちらに記載してありますので、ぜひ、一読下さい。

*参考*
クズ野郎の稼ぐ基本方針はこれだ!

ネット(ブログ・サイト)で稼ぐ広告収入

ネットで稼ぐ方法は参考にも記載してありますが、クズ野郎では2つの方法だけを徹底的にやります。
⓵ネット(ブログ・サイト)で稼ぐ広告収入
⓶ネット(ブログ・サイト)で稼ぐ物販収入

今日は⓵ネット(ブログ・サイト)で稼ぐ広告収入について簡単に説明していきます。

ネット(ブログ・サイト)で稼ぐ広告収入の流れ
1:目標・テーマを決める
2:ドメインブログ・サイトを作る
3:ブログの場合は半年間毎日更新する。サイトの場合は完成後のSEO対策を確認する。

今日やって明日結果100万円を手に入れられるほど甘くはありません。
そういう人も過去にはいたと思います。

しかしながら、今はその時代からバブルは終わろうとしています。
では稼げないのかといえば、逆に、そういう時期を経たからこそ、安心して着実に稼ぐことができるようになっています。

昔は危ない話も多く、また、頑張ってリスト(メールアドレスのこと)を集めてもお金をもらえなかったり、ライター等の仕事をこなしても単価が安すぎて経費にもならず赤字になったケースも多かったのですが、今では比較的安心してお金ももらえるようになりましたし、単価も上がっています。

そして何よりもやり続けた人だけが結果を得られるという再現性の高さが重要だと思います。

細かい話はいろいろ本を読んだり、自分でもやった経験から判断するに、こちらの本が最適であると思いました。
自分でもこのサイトで実際に役に立った情報をまとめていきますが、もっと早くすぐやってみたいと思った方は、こちらを熟読されるのもいいと思います。

*ブログ・アフィリエイトに関するオススメな本

*サイト・アフィリエイトに関するオススメな本

この2つの本は教科書として非常に有用でした。
他にも沢山出ていますが、どれも初心者向け過ぎて、そういう話を書いている間に本が終了してしまって具体的にどう稼いだのか書いていないものや、再現性に乏しいものが多く、またセミナーに誘導させるような本も多かったです。

さらに2017年2月の時点ではこの2冊が比較的新しいアフィリエイトのまとめ本でした。

この本等で書かれている手法もまとめて後日ゆっくりとサイトに掲載していきますが、本日は概要と手順を公開します。

ネット(ブログ・サイト)で稼ぐ広告収入の流れ


1:目標・テーマを決める


まずは、ブレ無いテーマを手帳に書きましょう
ジャンルを絞るならなぜそのジャンルなのか、どのくらいの人がいるのかなどの根拠も書いておくと数字が上がらないときにブレずに済みます。
始めてブログやサイトを運営していこうと思っている人は、雑記ブログがオススメです。

*ブログかサイトかという話がありますが、永遠と更新できる内容でしたらブログを、ジャンルを徹底的に絞って明確にできるもの更新が不要になると判断したものはサイトを選ぶといいと思います。

*ここで重要なのはテーマですが、ブログならカテゴリーの想定を、サイトなら設計図を考えておくといいと思います。
つまり具体的なイメージですね。どうやって更新していくのかということです。

2:ドメインブログ・サイトを作る


テーマが決まりましたら、ドメインを取得して、ブログ・サイトをワードプレスで作ります。
ドメインの取り方やワードプレスの作り方も後日詳しくアップしていきますが、早く実行したい方は、上記2冊やググってみると簡単に出来ると思いますので、やってみるといいと思います。

*なぜドメインで、なぜワードプレスかと言いますと、無料ブログでは検索で出てきにくいからです。
そしてブログやサイトは量産することになりますので、一度サーバーも借りておけばどんどん同じことをやるだけで収入は上がっていくからです。これは非常に重要な話です。

3:ブログの場合は半年間毎日更新する。サイトの場合は完成後のSEO対策を確認する。


3か月100記事で月間1万PVを目標にするというのが一般的ですが、お金を稼ぐには月間10万PVをたたき出す必要があります。
SEO対策(検索で引っかかってくるようにすること)を十分意識した記事で、バズる(ちょっとした炎上)無しだと1000記事前後書く必要があります。

1000記事を毎日3PV稼げるようになると、言い換えれば毎日3PV稼ぐ記事を書けば月に10万PV到達しますので、目標クリアできるのです。

SEO対策した記事を1000個も書くには1日や2日では無理でしょう。
ですので、90日というよりも180日、毎日5記事書く意識があれば到達可能だと判断します。
1つの記事は1つのテーマに即して1000文字程度書く必要がありますので、甘い事は言ってられません。

しかしながら、サイト構築のように完成してからSEO対策を確認し、サイトを運営していくよりもはるかに敷居は低いです。なぜなら、更新だけ毎日徹底的にやっていけば1000記事には到達できるのですから。

*ちなみにここまで実際は徹底する必要はありませんが、まずは180日で1000記事を目指すと著しく大きな変化が出るので1000本ノックだと思ってやりきってください。そうすれば、ブログでも稼げて物販サイトでも稼げて、サラリーマンいつでも辞められるくらい稼げるようになりますから。過去教えてやりきった人はそうでしたが今でもみんなサラリーマンもやってトリプルインカムになってます。

また、サイトで押していく場合には完成した時からが勝負になります。
一つのテーマで完成したサイトを運用していくにはSEO対策がうまくいっているかどうかがカギになります。
こちらは、PV数もある程度必要ですが、記事とアフィリエイトがうまく絡み合っているかということが非常に重要です。

キャッシング、アダルト、アニメ、音楽等の何々という形で、いろいろなテーマを極限まで絞ってサイト構築を進めていけば刺さるサイトになるハズです。特化型であることが全てです。

サイトの場合ボリュームは70記事から300記事前後でもある程度の数字が取れるのでそこからいかに誘導するかということがカギになります。

ここまで簡単に話をしてきましたが、初心者の方にはわかり難かった内容もあると思いますので、後日、ゆっくりと解説していきたいと思います。

私の経験上の判断になってしまいますが、オススメな方法は、以下の手順を踏むのがいいと思います。

ネット(ブログ・サイト)で稼ぐ広告収入までの手順


1:目標・テーマを決める


この時に、物販で何を取り扱うのかもしっかり検討してテーマをそろえておく。

例えば、絵本をテーマに物販を行うとすれば、ブログも絵本の情報を中心に書くと決める。

こうすることで更新内容をブログでアップしたり、絵本の捕獲の仕方や海外での絵本の捕獲方法等も記事にできたり、要は自分メディアにしていけるという特徴があるからです。

そういう運営方法も考えて物販サイトとブログを同時に考えることが成功への秘訣だと思います。
正直、ブログが面白ければサイトで買ってくれる人も多くなります。

2:ドメインブログを作る


ただの物販サイトを紹介するだけにも関わらずドメインを取得するのは、無料サイトでは検索にひっかからないうえ、その後自分がワードプレスになれたあと、アフィリエイトやclick型広告等で収入を得るためです。

回収を徹底するのが目的ですので、一人でただサイト運営をしているとこういうところを落としてしまう傾向が強いです。

3:ブログの場合は半年間毎日更新する


毎日更新することで、毎日見てくれる読者を増やすことができます。
また反応を見て、どのようなものを次に仕入れればよいのかというリサーチもできます。
そんなに更新するものが無いと思われる方も多いと思いますが、その情報収集を徹底すればこそ、その分野で権威になれ、物が売れるわけですから、ここをさぼっているようではお金を稼ぐことは困難です。

10万PVまでは一気にやってしまうことをオススメします。

情報提供・更新内容を伝えるブログと物販サイトが完成してある程度稼げるようになったら、サイトの構築に進むといいと思います。

その理由は初心者では、何が重要か何が刺さるか何を特化すべきかという判断がつかないからです。

例えば、上記例に挙げた絵本の場合、輸入本を中心にすべきなのか、今話題となっている国産の絵本にすべきなのか、これだけで大きく変わってきます。
そして、両方扱うと他のサイトと差別化できなくなっていきます。

量や値段では大手にはかないません。
質で、特化させる以外には対応策が無いと思われるので、まずは自身で生きている情報と自分の特性をつかむことが重要なのです。

以上が簡単ではありますが、再現性の高いネット(ブログ・サイト)で広告収入稼ぐ方法です。

まとめ


オススメの方法でやって月に20万円位稼ぐ生徒を3人ほど出しましたが、いろいろな本に書いてあるように月3万円をまずは稼げるようになることが最初のステップかなと思います。

ぜひ、頑張ってやりきってしまいましょう。

↓押してくれる皆様が幸せになれますようご祈念しております↓多謝。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村


*スポンサード リンク*